【貧困女子】セクシー俳優とレンタル彼氏、愛はお金で買えるのか?ストレス脱毛と不安な日々~その1~

【貧困女子】セクシー俳優とレンタル彼氏、愛はお金で買えるのか?ストレス脱毛と不安な日々~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、都内の会社で正社員として働く、松岡こずえさん(仮名・40歳)。彼女の年収は600万円ですが、住宅ローンを含めると借金が3000万円以上あるといいます。

「2年前に父親が死んだときに、遺産が2000万円入ったので、そこに自己資金の600万円を足し、世田谷区にある築35年の1Kのマンションを買ったんですよ。賃貸として貸し出せば、現金を持っているよりもいいかな……と。でも全然、借り手がいなくて、不動産会社の担当者をディスりまくっていますよ。管理費ばっかり出ていくんだもん。売りに出しても、なかなか買い手がつかなくて、オリンピック景気なんて大嘘だと思いますよ」

今、こずえさんが住んでいるのは、35歳の時に買った新築マンション。この住宅ローンの返済と、2つの物件の管理費で、毎月20万円近く飛んでいくといいます。

「ずっと男からバカにされてきたし、DV系のダメ男にも引っかかって来て、わりと早いうちから、一生独身かもしれないと思っていたんです。女が一人で生きていくのに、持ち家があれば社会的にも軽く見られないと思って、ローンが組めるうちに買っちゃったんですよね。10年前当時で、4300万円でした。親も援助してくれたし、わりと有名な会社に勤務しているからするっと審査が通りました」

こずえさんは、地味めな女性です。切れ長の目がスッとしていて、中肉中背、セミロングヘアを1本に結び、臙脂色のニットチュニックに黒のパンツを合わせています。バッグはフリマアプリで買ったという、アメリカブランドのロゴがジャカード織になったベージュのトートです。今までに取材した貧困状態にある女性の雰囲気とは、どこか違います。

定期収入があっても、お金が無くなってしまうのは、浪費が激しいから

1 2
婚活 浮気事件簿 アラサー 貧困女子 時短 キャリア 美人探偵 恋愛講座 アプリ アラフォー セカンド その1 不倫 結婚 運勢 占い 恋愛 金運 浮気 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。