堅実女子ニュース&まとめ 【いい転職・悪い転職】年収下がってもいい!激安小売店からレストランに転職~その2~

転職活動3か月目に決まった、レストラン運営会社

いつまでも家でゴロゴロしているから、親からも心配され、いろんな不安を抱えつつ、前に働いていた小売店が入っているショッピングセンターに行ったんですよ。これは転職後、初めてのことでした。

そしたら、新卒時に私をかわいがってくれたパートさんにバッタリ会って、今の状況を話したら、「ダンナが役員やっているレストラン運営会社で人手が足りないみたいだから、今、LINEしてあげるね」と言って、サッサと連絡しちゃったんですよ。

そしたら、すぐに電話が来て「履歴書をダンナの会社にすぐに送って。何も書かないと大学名で落とされるから、履歴書と封筒にダンナの名前を書いてだって」と。レストランは考えていなかったのですが、パートさんに押し切られるように、私が勤めていた小売店に履歴書を買いに行き、ショッピングセンターのテーブルで欄を埋めました。ボールペンはパートさんが貸してくれた。そして、封筒と履歴書に「●●さんの紹介で応募しています」と書いて投函しました。

仕事は頑張らなくても、嘘をつかず遅刻をしなければいい縁が来る

その後はトントン拍子で、今はウチの会社が運営する高価格設定のフレンチ系のレストランの店長をしています。仕事は昼の12時から深夜1時の間の9~10時間と、夜型になるのが慣れませんでしたが、前に比べれば天国。客単価が2~3万円のお店なので、お客さんも店員に対して対等かつ近い立場で話してくれるし、知識を求められたり、感謝されたりすることが多い。

今までの仕事には、創意工夫や勉強の余地がなく、ひたすら無駄を省いてお店を回すことしか考えませんでしたが、レストランに転職してからは、盛り付け、お店に飾るお花、スタッフのマネジメントなど、知りたいことが増えました。

転職してから、さらなるサービス向上を目指そうと、ソムリエの勉強をし、試験に合格したんです。ずーっと学歴コンプレックスでしたが、ソムリエの試験に受かって自信が付きました。今、私は「同窓会でドヤ顔できる仕事」ができていると思うんです。

転職したばかりの頃は、年収が350万円程度でしたが、7年間勤務して評価されて、年収は100万円ほど増えました。前の会社にいたら、もっともらっていたんでしょうけれど、お金より、やりがい重視だと思います。

転職と同時に、都心のワンルームマンションに引っ越し。家賃補助が会社から月3万円出るという。一人暮らしが楽しくて、結婚願望もなければ、彼もいない。

1 2