【貧困女子】月収2万円のイメージディレクター、変装しコンビニバイトで生活費稼ぎ~その1~

【貧困女子】月収2万円のイメージディレクター、変装しコンビニバイトで生活費稼ぎ~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、イメージディレクターの星岡沙羅さん(仮名・36歳)。広告代理店、百貨店の美容部員、不動産関連会社、保険会社、アパレル勤務を経て、今の仕事に就いています。仕事の内容について伺いました

「仕事は、企業の社長様やクリエイティブワーカーの皆様に、コーディネート術や似合う色を提案し、印象をよくするためのコンサルティング業務を行なっています。インターネットで集客をしていて、依頼があった方と待ち合わせし、一緒にお買い物をして似合う服を購入。その後ホテルのラウンジでさまざまな相談に乗り、適切なアドバイスをいたします」

相談とはどのような内容が多いのかと聞くと、本人の個人的な悩みから、組織のチームビルディングまで、ありとあらゆることだと言います。

「私は短大を出てから、広告代理店で営業をしました。当時は100人の名刺をもらうまで帰れない、という新人教育がまかり通っていた時代。私はそんなに押しが強くないし、名刺をいただいたところでその方に営業電話をかけなくてはならない。“日本の押し売り文化”は間違っていると思い、3日で辞めました。人を幸せにしてこそ仕事だという信念は、この時期に作られました。そこで、どんなことが必要なのだろかを考えて、“笑顔”という結論に行きついたのです。そこで私は、人を笑顔にする仕事をするために美容を学びました」

沙羅さんは、すぐに美容の専門学校に入り、メイクやスタイリングを学びます。

「なんちゃって専門学校なんですけど、学費だけはいっちょ前でした。親は“こんなことなら四年制大学にいかせればよかった”と言っていましたが、私にはたくさんの人を笑顔にするという使命がありますから、親には投資していただいて、一生懸命学びました」

この学校で沙羅さんは色彩やメイク、人体構造などの知識を学び、ほぼ首席で卒業。その後は中堅化粧品会社に就職し、美容部員として働き始めます。

「販売の現場に配属されましたが、1か月もしないうちにストレスでボロボロになるんですよ。立ちっぱなしだし、狭いし、乾燥しているし埃っぽいし環境は劣悪。バックヤードもブランド間の序列、女性同士のマウンティング、いじめ……お客様からのクレームなども重なって、タバコが手放せなくなりました。すると、ニキビがたくさんできて帯状疱疹にもなってしまい、半年で退職しました。本当に日本は笑顔がないからこういうことになるんだと、再び思いましたね」

その後、何度も転職をし、32歳のときに10歳年上のバツ2の男性と結婚するが……

1 2
恋愛講座 ダイエット 恋愛 浮気事件簿 時短 派遣 派遣女子 結婚 iPhone 婚活 レシピ アラフォー 美人探偵 アプリ 貧困女子 金運 仕事 占い CITRUS アラサー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!