【貧困女子】月収2万円のイメージディレクター、変装しコンビニバイトで生活費稼ぎ~その2~

【貧困女子】月収2万円のイメージディレクター、変装しコンビニバイトで生活費稼ぎ~その2~

数年前までは普通の生活をしていたのに、気が付けば貧困と言われる状況になってしまった女性たち。

今回お話を伺ったのは、イメージディレクターとの肩書きを持つ、星岡沙羅さん(仮名・36歳)。広告代理店、百貨店の美容部員、不動産関連会社、などを経て現職だといいます。

「今、私が住んでいるところは、世田谷区内の実家です。でも、実家とは言っても戸建ての木造住宅で、狭いし、暑いし、寒いんですよね。家賃と光熱費は払わなくていいから何とかなっているけれど、親が死んじゃったらヤバいかもしれない。お姉ちゃんは結婚して、アメリカの片田舎で幸せな主婦をやっているから、もう日本には帰ってこないんだろうな」

沙羅さんの両親は典型的な団塊の世代で、お父さんは地方出身・高卒で銀行に就職し、努力を重ねて夜間大学に通い、支店長で定年を迎えたそう。お母さんは専業主婦で、ボランティアとテニスにハマっているとか。

「ただ、1年前に父親にガンが見つかった時に、保険外の高額な治療をしてしまったんです。それで、ウチからお金が無くなっちゃって。この前、両親が旅行をしているスキに、通帳をしまってある引き出しを開けて、こっそりウチの資産状況を確認したら、1000万円の定期が、2つも解約されていたんです。他に株などもあるみたいですが、母も前みたいに出歩かなくなったし、父の予後も悪くて、東北の療養所に入ると言っているし……。私には言いませんが、父は余命いくばくもないみたいなんですよね。だから母としょっちゅう旅行に行っていて、私にお金を残しておいて欲しいと思いますよ。でも生命保険が入るからいいのか……そういうことを聞くと、母がムッとして口をきいてくれなくなるので、何も言えませんが」

イメージディレクターの仕事を広げたいが、依頼はリピーターばかりで、実際は開店休業状態。

1 2
iPhone レシピ 浮気事件簿 派遣女子 美人探偵 アラサー 婚活 派遣 結婚 仕事 CITRUS アプリ 占い 金運 アラフォー 貧困女子 恋愛講座 時短 恋愛 ダイエット
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!