堅実女子ニュース&まとめ 【勤続10年女子】“辞めたい”が言えず流されるまま。気づけば部署で最高齢のお局に!~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

就職氷河期と言われ続けている中、今年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は、大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、情報通信業企業で社員として働いている沙織さん(仮名・34歳)。

沙織さんは、婚活市場や合コンでは男性ウケが良さそうな女性らしい雰囲気。緩く巻かれたロングヘアに、色白の素肌を生かした薄めのメイク。首元にビジューがついた白いニットにグレーのフレアスカートを合わせ、薄手の黒ストッキングにヒールパンプスを履く、どこの会社にもいそうな無難なファッションだ。習い事をするわけでもなく、飲みに行くような習慣もない。仕事帰りは、たまに本屋に寄って時間をつぶすか、カフェで一息入れる。SNSも、変わり映えのしない毎日で、ほぼ放置気味になっている。

「流されるままきたら、10年が経っていた」。沙織さんは同じ会社に10年以上勤めているが、厳密にいうと社名が合併により変わっている。最初に就職した広告代理店が、途中で大手IT企業の子会社化され、のちに別の企業に全株式が譲渡され合併されたのだ。そのタイミングで、同じ部署にいた同僚たちは、会社を去っていった。もしかしたら、そこが分岐点だったのかもしれない。それから3年の月日が流れた。

つい最近、取材先の飲食店で広告代理店時代の同僚と再会した。噂に聞いていたが、広告代理店時代の社員男性と結婚し、出産もしていた。仕事も結婚も決断をせず、うやむやにしていたら、周りからどんどん置いて行かれた。でも仕事があるだけマシと思いながら、今日も職場に向かう。

沙織さんは、神奈川県横川崎市で生まれ育った。製造業の会社員だった父と、洋菓子の販売員の母と、今もマンションで同居をしている。給与から数万円ほど生活費として入れているが、両親から「一人暮らしをしなさい」とも、「結婚しなさい」とも言われない。休みの日は、寝ている間に母が洗濯物を済ませてしまう。30代にもなってだらしないと思いながら、甘えてしまっている。3年前に付き合っていた年下の彼氏と別れて以来、恋愛自体遠ざかっている。なにか大きなきっかけがないと、結婚にも積極的になれない。

おっとりした性格が災いしてか、周りから「お嬢様育ちだね」と言われることがある。実家はごく普通の家庭だったが、3歳からバレエを習わせてもらっていたのは、少し裕福だったのかもしれない。バレエを高校まで続けていたと言うと、「すごい、プロみたいだね」と周りから言われるが、これも「辞めるタイミング」を見失っただけだ。好きだったら、もっと努力もしただろうし、大人になっても続けていた。なんとなくが積み重なって働いているのは、バレエと似た状況かもしれない。

パワハラの上司の言葉に、涙する日々…

1 2