堅実女子ニュース&まとめ 世界が注目する“ヒュッゲ”って何?芳子ビューエルさんに聞いた、女性がビジネスで活躍するためのテク~その2~

世界中で注目が高まっている、デンマークの“ヒュッゲ”な暮らし。このライフスタイルをいち早く紹介していた芳子ビューエルさんに、その暮らし方について伺ったのが前編。後編では、女性社長の顔も持つ芳子さんに、ビジネスでの成功の秘訣を伺いました!~その1~はコチラ

☆☆☆

迷ったらプラスとマイナスを書きだす!

--Suits世代の働き女子たちは、仕事もしたいし、結婚もしたい。できるなら子育てだってしたい。そんな結婚や仕事や趣味など、やりたいこととやらなくてはならないことが多すぎて、日々いっぱいいっぱいなんです。何を意識して、どうやっていけばいいんでしょうか?

「私はいつも1個1個のことを決めるときに、ノートを半分に切って、プラスとマイナスを書きだしていました。例えば『キャリアを積むべきか、辞めるべきか』という決断をしなきゃいけないと思ったら、それぞれの“プラスの要因”と“マイナスの要因”をノートに半分ずつ書いていくんです。それで、数が多い方を選択していけばいいんですよ。すごく単純なことなんですけど、プラスの方が多かったら、キャリアを続けるべきだと思うんですよ。マイナスの方が多かったら、やめればいい。そうやっていくと、物事って割とシンプルに答えが出るんだなって思ったんです」

――なるほど、簡単にできそうですね!本当に日々忙しくって、なかなか休みが取れずにストレスを溜めまくっている働き女子がたくさんいるんですよ。

「それはつらいですね、ストレスは人の身体にものすごく影響を与えてしまいます。私も以前は休みを取らずに仕事優先でやってきたためにすごいストレスが溜まってしまって、口の中が腫れて『顎がんじゃないか』って言われたことがあるんですよ。その時、娘が『お母さん、死んじゃうよ。このまま仕事していたら』って言ってきたんですよ。それで思い切って、休みをとって1人で西表島に行ったんです。普段しないことを全部してきて、頭のネジがずいぶん外れて、戻ってきたら『顎がん』だと言われたものが全部なくなったんです。わずか1週間で。ストレスが人の体にものすごく影響を及ぼすということを、この時実感したんです。それからは休みは前もって、自分で取りたいと思ったらカレンダーに休み予定を入れちゃって、『ここは絶対に休む』と宣言して妥協しないようにしています(笑)」

 

芳子ビューエル…北欧流ワークライフデザイナー。北欧大手メーカーの日本代理店である「株式会社アペックス」の代表取締役。群馬県高崎市で、北欧家具や照明器具などを扱う「インテリアショップALTO・カフェ」も経営。著書に『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』(大和書房)がある。

1 2 3