堅実女子ニュース&まとめ 【いい転職・悪い転職】できるだけ暇な部署がよかった……幸福な地味生活が一変した昇進のもやもや~その1~

今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省の労働力調査でも2016年の転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加予測。

そこで本連載では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何かを語っていただきました。

三田奈緒さん(仮名・36歳・東京都出身)

  • 転職回数……1回(機械メーカー、IT関連会社)
  • 転職した年齢……34歳
  • 年収の変化……300万円、320万円
  • 学歴……中堅大学経済学部卒業

パワハラにセクハラ、「大卒がする仕事じゃない!」って毎日泣いていました

私の世代はマスコミに対する漠然とした憧れがあって、大学時代もマスコミに就職するためのサークルなどにも入っていたんです。でも結局内定をもらったのは、東証二部上場の機械メーカー。営業に配属されたのですが、半年後に総務に配属になり、23歳から転職直前の33歳までの10年間総務にいました。

これは前の会社では、同じ部署にい続けた最長期間だったそうです。というのも、営業でメンタルをやられたんですよね。パワハラと、セクハラの上司や取引先に心が折れました。おじさんに飲み会などでセクハラされるたびに、「大卒のする仕事じゃない」と泣いていました。

そのことはもう思い出したくないですね。そういえば、家の近くまで上司にストーカーされたこともあり、あの時は幼なじみやウチの父親に助けてもらいました。

椅子の大量交換で心が折れた総務の日々……

1 2