【いい転職・悪い転職】できるだけ暇な部署がよかった……幸福な地味生活が一変した昇進のもやもや~その2~

【いい転職・悪い転職】できるだけ暇な部署がよかった……幸福な地味生活が一変した昇進のもやもや~その2~

いい転職をした女性と、悪い転職をした女性が、その差は何かを語ります。今回は、中堅大学の経済学部を卒業した三田奈緒さん(仮名・36歳・東京都出身)。34歳の時に機械メーカーを辞めて、IT関連会社に転職します。

会社が自分を守ってくれなかったことに、ガックリきた

12年勤務した東証二部上場企業を逃げるように退職したのは、会社が私を守ってくれなかったことに愕然ときたことも大きいかもしれません。広報誌は結局、別の男性が引き継いだ瞬間から、すごくうまくやっているみたいです。

転職先を決めずに会社を辞めたのは、実家暮らしだからです。両親は私が苦しんでいる様子を知っていたので、会社を辞めてホッとしたみたい。兄2人の末っ子だから、家でのんびりしていていいよと言ってくれました。

でも、東京都練馬区のある駅から徒歩20分の実家で無職生活をしていたら、65歳になっても再就職して共働きしているの親の家事要員にされてしまいます。ズルズルと社会復帰ができなくなると思って、再就職活動を開始しました。

再就職先はネットの転職サイトと、会社のホームページで探した

特技があるわけでもないし、やりたいこともない。地味にダラダラと働き続けることが私の幸せに近い形だと思ったんですよ。

昔は仕事をめちゃくちゃがんばって、社会の役に立ちたいと思っていたけれど、前の会社でボコボコにされてからは、友達や地域、家族とのいい関係を維持することを中心に、仕事をしていきたいと思ったんです。だから残業があるなんてもってのほかだし、ハードな仕事も避けたい。

いずれ結婚して子供を産みたいから、産休や育休などの社会保険がしっかりしている会社がいいと思いました。私って、それまでは「自分は何かできるはずだ」と思っていたんです。でも、何もできないと分かったんですよ。だから、人のための役に立ちたい。ボランティアもしたいし、農業など興味があることもしてみたい。

だから、毎月20万円程度の給料をもらって、のんびり仕事をしたいと思ったんです。他人と競争したり、買っただの、負けただのという価値観から抜けたかったんです。

条件で検索しやすい、女性向けの転職サイトを有効活用した

1 2
アラサー 派遣女子 恋愛 仕事 浮気事件簿 恋愛講座 金運 レシピ 結婚 婚活 iPhone 占い ダイエット CITRUS 貧困女子 アプリ 派遣 美人探偵 アラフォー 時短
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!