堅実女子ニュース&まとめ 男子禁制の女子寮で何がか起きる!ソフィア・コッポラ初のスリラー作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』

父は映画界の巨匠、夫はフランスの人気バンド『フェニックス』のヴォーカル、従兄弟はニコラス・ケイジ。さらには、自身のファッションレーベルを持ち、映画も撮れる才女といえば?
そう、答えはソフィア・コッポラ!

そんなエンタメ業界のサラブレッドともいえる、ソフィアが手がけたのは、南北戦争を背景に男女の愛憎を描いた『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』。今回は、昨年のカンヌ国際映画祭・監督賞を受賞した本作の見どころを紹介しましょう。

女7人の生活に男が1人迷い込む

ソフィア・コッポラは『ヴァージン・スーサイズ』で映画監督デビュー。その後、『ロスト・イン・トランスレーション』や『マリー・アントワネット』『SOMEWHERE』『ブリングリング』などを手がけました。彼女の作品を語るのに欠かせないキーワードが「ガーリー」。

大人になりきれない思春期の女子の心情を描くのが得意なソフィア。『ヴァージン・スーサイズ』は、10代の女4姉妹が自殺するという破滅的なストーリーを、卓越した音楽センスと映像美で魅了。さらに、『マリー・アントワネット』では、アントワネットの波乱に満ちた生涯をパステルカラーを駆使して描き、『ブリングリング』では、ロスのセレブな10代窃盗団の無謀な日々をスタイリッシュに演出。

ソフィアは舞台が16世紀のフランスであろうが、現代であろうが、一瞬の輝きを放つ若い世代をイキイキと描くことが出来る人なんです。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 監督:ソフィア・コッポラ 出演:ニコール・キッドマン、コリン・ファレル、キルスティン・ダンスト、エル・ファニングほか。2018年2月23日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開 (c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、南北戦争真っ只中のバージニア州が舞台。男子禁制の女子寮に暮らす、5人の生徒と2人の女教師は、ある日、近くの林に迷い込んだ負傷兵を介護することに。敵の北軍兵士であっても、回復するまで面倒を見ることにした彼女達。男子禁制だった生徒達は、男性の負傷兵に興味津々。手当の際、久しぶりに男性の体に触れた園長も、戸惑いが隠せない。1人の男性の登場により、女子寮のルールが少しずつ壊れていき、そして事件が起こる。

本作はトーマス・カリナンの小説『A Painted Devil』が原作。過去にはクリント・イーストウッド出演で『白い肌の異常な夜』(’71)という映画も公開されました。

ソフィア・コッポラはこの作品を、女性視線で撮ることにこだわったのだそうです。というのも、ソフィアは『ヴァージン・スーサイズ』では姉妹、『マリー・アントワネット』では宮廷、『ブリングリング』では窃盗団と、集団の中で起こる人間関係を描いてきた監督。

本作では、女性だけの世界に男性が入ることで起こる変化に興味を抱き、「人生のステージが異なる女性同士の関わり合いを見たかった」のだそう。ソフィアはガーリーな生徒達だけでなく、園長と教師という大人の女性が、閉ざされた空間でどう変化していくかを描きたかったんですね。

1 2 3 4