【派遣女子・どうして更新されないの?】いつだって恋愛最優先、業務中にトイレからメッセージ送信!……が、ばれて契約終了!?~その1~

【派遣女子・どうして更新されないの?】いつだって恋愛最優先、業務中にトイレからメッセージ送信!……が、ばれて契約終了!?~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている新井順子さん(仮名・36歳)にお話を伺いました。ややパサつき気味のロングの黒髪は、伸ばしっぱなしのように見えます。顔立ち自体は整っているように見えるのですが、ほとんどメイクをしていないために、通勤時には黒縁の眼鏡とマスクを着用していると言います。

「飲んで帰ることが多くて、そのまま寝ちゃうんですよ。だからあまりメイクしないようにしていて。コンタクトのまま寝ちゃったこともあるので、最近は眼鏡が多いです」

ゆったりめのグレーのニットワンピースに、黒のロングカーディガンを羽織り、薄い黒いストッキングをあわせた色味を抑えた着こなしは、不健康そうな雰囲気が漂っていました。

「面倒なので、服はだいたい黒かグレーにしているんですよ。髪も年に2回くらいしか美容院に行かないので、黒髪にしています」

現在は派遣社員として、ソフトウェア会社でweb制作の運用業務や、既存クライアントへ企画提案など、ディレクター業務を担当しています。

「今の会社では、名刺も作ってもらってクライアントと打ち合わせをすることもあるので、外からは私が派遣だとは思われていないかもしれないです」

彼女は福島県会津若松市出身。父は運輸会社でガスのタンクローリーの検査員として輸送や検査業を行ない、母は、新聞にチラシの折り込みをするバイトを手伝っていました。子供のころは両親ともに仕事で忙しく、家族で出かけた記憶があまりないそうです。

「たまに父が、保育園のお迎えに作業着のままで来たりしたのが記憶にありますね。当時は、あまり父が迎えに来る家が少なかったから、油臭いし目立って嫌だったんですよ」

中学では、父親も学生時代にやっていたという卓球部に入部します。強い部活ではなかったですが、毎日、放課後は部活動に励みます。一人っ子だったので、門限や友達付き合いに母親が口を出してくるのが嫌だったと言います。

「田舎で、親とか周りのいうことは絶対みたいな土地柄だったんですよ。卓球も、親がやっていたから“お前もやって当然”みたいな雰囲気でしたね」

そんな息苦しい地元から、早く上京したいと考えるようになります。

「親に隠れて深夜ラジオを聴いたり、音楽雑誌とかを読んでいて、高校くらいから漠然と東京に行きたいって考えていました」

 年上の彼氏との結婚を意識して退職したものの、破局に

1 2
恋愛 不倫 恋愛講座 アプリ 美人探偵 結婚 婚活 浮気 アラサー 貧困女子 その1 浮気事件簿 アラフォー 恋愛運 セカンド 占い 金運 時短 iPhone 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。