【セカンド女子】どうして結婚してくれないの!? 8年付き合った彼から突き付けられた、衝撃の一言~その2~

【セカンド女子】どうして結婚してくれないの!? 8年付き合った彼から突き付けられた、衝撃の一言~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、都内で事務の仕事をしている三田明美さん(仮名・36歳)。やや地味な顔立ちながら、男性なら確実に目がいくだろう豊満な胸元が印象的な女性です。出身は新潟県で両親との3人家族。田舎町で厳しくもなく、甘くもない、明美さんいわく「普通の家庭」で育ちます。初めての彼氏は、大学進学のために上京して2年ほど経った時に飲み会で知り合った6歳上の男性でした。彼との付き合いは卒業後も続き、いつしか彼との結婚を夢見るように。腰かけ仕事のつもりで事務の仕事に就き、料理教室に通うなど、独自で花嫁修業をスタートさせますが、彼からプロポーズは聞かれず……。そのまま5年以上が過ぎ、ついにしびれを切らした明美さんが彼に『私といつ結婚しようと思っているの?』と聞いてしまいます。その答えはというと……。

「彼は『結婚願望がない』と言いました。それに『今の関係でうまくいっているのに、壊してまで結婚する意味がない』と。愕然としましたね。確かに、彼からは結婚に関する発言は一度も聞いたことがありませんでした。でも普通は、長年付き合ったカップルは結婚に向かっていくと思っていたので……。私はその場で、私と結婚する可能性が1ミリでもあるのかどうかを聞いてしまったんです。ほんの少しぐらいでもあると言われたら、まだ彼と付き合っていたかったから。でも彼は『わからない』と言いました。そしてここまで意見が違うのであれば別れたほうがいいと、やんわり伝えられました。その時の言葉は、あまりのショックでよく覚えていません。『私のために』とか、色々逃げるような発言をされていたんだと思います。その後は彼から逃げるように家を飛び出して、そのまま別れました。半年以上経って、やっと彼の家に残った荷物を取りに行けた感じですね……」

彼との別れから1年以上は何もする気が起きず、朝起きて、仕事に行って、夜帰って寝るという生活を繰り返していたと言います。しかし第2次結婚ラッシュが訪れ、焦って頼ったのは婚活パーティーだったそうです。

「気づいたら29歳でした……。そして大学時代の友人からおびただしいほどの結婚式の招待状が届きだしたんです……。地元の友達はすでに子供がいる人ばっかりで、彼女たちが結婚した時は私も彼との結婚に進んでいると勘違いしていた時期だったので焦りはなかったんですが、今回はすごく焦りました。腰かけで始めた仕事しかない私は、結婚しないといけないんです!でも結婚相談所に入会するのも抵抗があったので、誰でも行けるお見合い式の婚活パーティーに行くことにしました。

もう調べまくりましたよ。私が行ったのは5~8人くらいの小規模で、個室のような場所で1人数分ずつ1対1で話ができるタイプのもの。しかし何度か参加しても、まったくピンと来る男性には出会えませんでした……。でも諦めたくなかったので、人数を中規模のお見合いパーティーから、異業種交流会、友人主催の合コン、合コン仲介会社が入った合コンなど片っ端から行きまくりました。1日3回なんて日もありましたよ。そのくらい必死だったんです」

ついに結婚願望がある新しい彼氏ができますが……

1 2
恋愛運 その1 金運 婚活 セカンド 結婚 不倫 アプリ 貧困女子 アラサー 美人探偵 浮気 占い 浮気事件簿 キャリア 恋愛 アラフォー 運勢 恋愛講座 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。