堅実女子ニュース&まとめ 岡崎京子の人気コミックが実写で復活!『リバーズ・エッジ』に見る90年代とは?

不動の人気コミック『リバーズ・エッジ』が映画化され、2月16日に公開となりました。
岡崎京子といえば、80年代〜90年代のサブカルに欠かせない漫画家です。人気絶頂の96年に交通事故に遭い、現在はリハビリ中の彼女ですが、『ヘルタースケルター』に続き、『リバーズ・エッジ』の映画化が実現しました。
今回は、90年代のサブカルを振り返りながら、映画『リバーズ・エッジ』の世界を探っていきます。

1994年って、何があった?

『リバーズ・エッジ』は、都心近郊を流れる川沿いの工業地帯が舞台。高校生の若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)がいじめる山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われる。そこで目にしたのは腐りかけた「死体」だった。宝物として死体を共有しているモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていきます。

 

『リバーズ・エッジ』2018年2月16日 T0HOシネマズ新宿ほかロードショー。配給:キノフィルムズ  監督:行定勲 出演:二階堂ふみ、吉沢亮、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、森川葵   (C)2018「リバーズ・エッジ」制作委員会/岡崎京子・宝島社

ちなみに、主演の二階堂ふみと吉沢亮が生まれた94年は、『リバース・エッジ』の初版が発刊された年。94年は、プレイステーションやセガ・サターンが登場し、次世代テレビゲームとして大ヒット。この年の流行語大賞は「すったもんだがありました」(宝酒造のCM)、「同情するなら金をくれ」(安達祐実のTVドラマ)が受賞。

テレビ番組では『ウゴウゴルーガ』や『キテレツ大百科』が放送。『リバーズ・エッジ』の主人公・若草ハルナは、この2番組のファンで、セリフにちょこちょこと番組名が出てきます。

音楽業界は、小室哲哉がプロデュースの全盛期で、trfが大ヒット。また、ピチカート・ファイブやオリジナル・ラヴ、フリッパーズギターといった、渋谷系も人気を博していました。当時、渋谷のHMVは渋谷系の中心地で、HMV近くの中古レコード店やおしゃれカフェには、べレー帽を被った女子(通称:オリーブ少女)が溢れていました。

山田(吉沢亮)のダッフルコートがオザケンっぽくてナイス!山田の彼女、田島カンナ(森川葵)は、オリーブ少女ファッション! (C)2018「リバーズ・エッジ」制作委員会/岡崎京子・宝島社

ちなみに、原作者の岡崎京子はフリッパーズギターの元メンバー小沢健二の大ファン。彼を「王子様」と称し、自身のコラムでオザケン愛を語っていたのも印象的。当時から親交の深かったオザケンは、本作のエンディングで主題歌『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』を提供。岡崎さんに向けたエールとも読み取れるこの曲は必聴です。

そんな楽しげな94年ですが、バブルの象徴だったクラブ『ジュリアナ東京』が閉店。世の中に少しずつ閉塞感が広がってきた時代でもあります。

1 2 3 4