堅実女子ニュース&まとめ 【いい転職・悪い転職】「給料は派遣より安く、総合職の2/3…」事務差別の憂鬱からの解放~その1~

社会人の2人に1人が転職している時代。総務省の労働力調査でも2016年の転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加予測。

そこで、本連載では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何かを語っていただきました。

滝川美奈子さん(仮名・35歳・東京都出身)

  • 転職回数……1回(総合商社→派遣社員)
  • 転職した年齢……30歳
  • 年収の変化……350万円、400万円
  • 学歴……名門大学経済学部卒業

事務職には、名刺すら支給されないという会社の文化

私の大学って、総合職志望の人が多いイメージがあるんですよ。海外に行って、事業開拓して、リーダーになって……みたいな感じ。でも私はその真逆で、東京の実家から離れたくないし、転勤もしたくない。華やかな世界には憧れるけれど、地味な職場で長く働きたいと思って、大企業の一般職1本に絞って就職活動をしました。

母校のネームバリューとOBのコネで総合商社に合格しました。初出社の日、驚いたのは総合職には名刺が渡されたのに、一般職にはナシ。会社のメールアドレスも総合職は自分の名前が入っているものなのに、一般職は数字とアルファベットを組み合わせた記号だけ。「あなたはこれから一生、会社の中でしか仕事をしないんですよ」という烙印を押された気分になりました。

入社3年目にして派遣スタッフが激増、彼女たちのほうが給料が高い!

25歳のときに、一般職採用数が激減して、派遣スタッフが激増。同じ年の派遣の女の子と仲良くなって、ランチを一緒にするようになったんです。彼女も名門大学出身で、都内の実家住まいだったから、環境が似ていたんですよね。正社員就職ができず、派遣として働いていると言っていました

でも、海外旅行に行ったり、スキーに行ったり、1000円のランチを食べたりして、お財布の中身を気にしていない感じが伝わってくるんです。当時の私の手取りは17万円ですからね。実家に住んでいましたが、何かを埋めるように「自分磨き」にお金をかけていたので、彼女のようにハイブランドの時計も、中古ですら手が届かなかった。

で、失礼だとは思いながらも、給料を聞いたら手取りで28万円だったんです。派遣社員って給料が高いんだと驚きました。派遣になりたいことを伝えると、「正社員には社会保険や福利厚生などのメリットがあるし、社会的信用だってあるんだから、辞めちゃだめだよ」と言ってくれたんですけどね。

総合職と同じような仕事をしているのに、給料格差は大きかった……

1 2