【いい転職・悪い転職】「給料は派遣より安く、総合職の2/3…」事務差別の憂鬱からの解放~その2~

【いい転職・悪い転職】「給料は派遣より安く、総合職の2/3…」事務差別の憂鬱からの解放~その2~

いい転職をした女性と、悪い転職をした女性が、その差は何かを語ります。今回、お話を伺った滝川美奈子さん(仮名・35歳・東京都出身)は、名門大学の経済学部を卒業し、総合商社に正社員の一般職として勤務。その後、30歳の時に派遣社員に転職します。

26歳からは暗黒期……給料が上がらずやりがいもない

仕事の内容は、グループ企業の管理補佐で、誰が見るかわからないような社内報告書、契約書の作成が主な業務。誰がやっても変わらないサポートを安い給料で必死にやって、仕事ができてもできなくても、何の評価もされない。毎年少しずつ上がっていた給料も、勤続5年目の時から昇給がなくなり、転職を本気で意識し始めました。

でも、転職市場に打って出るって、すごい勇気が必要なんですよ。果たして、こんな単純作業ばかりやっていて、ろくに社会人としてコミュニケーションもできない自分に能力があるのかとか、こんな私を雇ってくれる会社はあるのかとか悩みました。それに、今の会社にいる限りは、社会から「あの会社にお勤めですか」と大切にしてもらえる。その“見えない価値”は高いですからね。さらにコネ入社だから辞めたら後輩に迷惑がかかるのでは……など不安を紛らわせるように、英会話やアロマテラピーのレッスンに大枚をはたいていました。

総合職だけにはなりたくないという、強い思い

28歳の時に、上司から総合職試験を受けなさいと打診をされたんですが、それだけにはなりたくなかったんですよね。

あのプレッシャーとか、同期との出世レース、トイレに行っても猛ダッシュで済ませていたり、上司からのパワハラなどに耐えられないと思いました。

あともうひとつ理由があって、総合職男子に良く思われていなかったという部分もあります。私ってちょっと空気が読めないところがあって、総合職の男性のミスをズバッと指摘していたんですよね。別に悪気はなかったのですが、プライドが高い人からは「なんだあいつ」ってなっていたみたいで(笑)。

総合職試験についてはすぐにお断りしたのですが、上司が珍しくしつこくすすめるからおかしいと思ったんです。当時、同じ会社で他部署の年上の男性と付き合っていたので理由を聞くと、「今後、一般職の正社員は減らして、派遣スタッフにしていく」という会社の方針があったみたいです。だから同じ大学の上司は、後輩の私を総合職にさせたかったのかな……と思いました。一般職のままだと将来的に居心地が悪くなるのはわかっているので。

結婚したくてもできなかったから、会社を辞めてしまった

1 2
恋愛講座 運勢 恋愛運 浮気 セカンド 美人探偵 貧困女子 アプリ 婚活 不倫 その1 浮気事件簿 金運 アラサー アラフォー キャリア 占い 時短 結婚 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。