堅実女子ニュース&まとめ 【いい転職・悪い転職】「給料は派遣より安く、総合職の2/3…」事務差別の憂鬱からの解放~その2~

結婚を狙うも、撃沈……会社を辞めるまで、2年間ズルズルと悩んだ

28歳から30歳までが、転職するかどうかで本当に悩んだ時期でした。結婚も出産もしたかったので、今の会社にいることがベストだと思っていたのですよね。やはり、大手だから産休も育休もしっかりしていましたし。結婚後も家事や育児をしながら働き続けることを考えると、どうしても辞められなかったんですよね。

でも頼みの綱だった交際していた同じ会社の男性が、海外赴任になってしまい何となく破局。結婚するなら大手の社員だと思っていたのですが、29歳で婚活市場に出ても、いい男は全然残っていない。それなら結婚しなくてもいいと思って、会社を辞めることにしたんです。

転職の原因は、給料が増えない、やりがいがない、結婚の可能性がなくなったこと。あとは、一般職のほとんどが派遣社員になってしまい、正社員だけしか参加しない忘年会、新年会や歓送迎会でのお店の手配は、私の係になっていたこと。年下の総合職女子がいるのに、私が雑用を一手に引き受けるようになっていった。さらにはお酒がなくなったときの注文や、上司へのお酌は一般職の仕事になっていて、それがすごく差別的だと感じたんですよね。

辞表はすぐに受理され、派遣会社に登録

30歳の誕生日の3か月前から、直属の上司に会社を辞めたいことを打診し、スムーズに受理されました。両親はがっかりしていましたが、弟夫婦に初孫がうまれ、その忙しさにかかりっきりになり私の退職まではぐちぐち言われませんでした。

退職直後は、オーストラリアに3か月の短期留学をして、帰って来てから派遣会社に登録。転職をするつもりでしたが、どの職場も一般職は前の会社よりも条件が悪い。それなら会社を辞めた意味がないと、派遣社員として気楽に生活をすることにしたんです。

派遣社員は事務職よりも自由に働けて給料が高いと感じている

この5年間で、大手の不動産関連会社、外資系の運輸関連会社で仕事をしていますが、派遣だと割り切ってしまえば、仕事は楽。どの会社も正社員の優越感を吹かせる人はいないし、そんなことをしている暇もないくらい皆さん忙しい。

会社の飲み会もないし、できない仕事は断れる。それに今の派遣先は、「正社員以外電話はとらない」という契約内容だから、業務に集中できるのがいいです。時給は1600円で、残業すればお金がもらえるのもいいですよね。

なんというか、正社員時代に、総合職にいろんな仕事を押し付けられ、サービス残業しながら操り人形みたいに仕事をさせられ、それが当然と思われているというあの理不尽さがなくなったことがいいかもしれないですね。

ライバルはAIかな(笑)、でも正社員の事務職時代より将来に不安がない

5年間、派遣社員をやっていて思ったのは、正社員だからと言って安泰ではないということに早く気が付けて良かったことです。

あのまま、大きな会社にいたら、会社が倒産したりリストラされた時に、うろたえて路頭に迷っていたと思う。プライドが会社と融合しちゃっていたから、会社がなくなったら自分の存在価値がなくなってたと思うんですよね。それに、会社のルールの中でしか生きられないひねくれたお局様になっていたと思います。

この5年間で派遣として働く中で、いろんな人と知り合って、仕事をするということ、コミュニケーション力や考え方などがなんとなくつかめてきたんです。

とはいえ、仕事は事務ですから、今後AIにとってかわられちゃうんだろうな……そう思うけれど、前みたいな将来に対する不安は少ないですね。今、登録している派遣会社は、妊娠中や育児中もサポートしてくれる態勢が整っていて、信頼できるんです。とはいえ、そんな予定は全くありませんけれど。

大手商社の正社員事務職を退職し、派遣社員になった今の方が、将来への不安は少なくなったと語る。

1 2