堅実女子ニュース&まとめ 2017年最も“バズった”言葉って? 2位は「〇〇に使っていいよ」、では1位は!?

2017年もたくさんの流行語が誕生しましたが、“SNSでバズった言葉”というと、何を思い浮かべますか? ネットセキュリティのイー・ガーディアン株式会社は独自調査により、TwitterなどSNS上で話題になった「2017年ネットバズワードランキング」トップ9を発表。今年の振り返りとして、最もバズった言葉を見てみましょう! まずは9位~4位をチェック。

今年もSNSからたくさんのトレンドが生まれましたね!

今年もSNSから、たくさんのトレンドが生まれましたね!

【2017年 ネットバズワードランキング】9位→4位

9位:一線は越えてません
8位:AIスピーカー
7位:このハゲー
6位:働き方改革
5位:35億
4位:忖度

ランキングに並ぶワードを見ると、当時の話題を思い出しますね。「一線は越えてません」「このハゲー」などは、政治関連で話題となった言葉。政治批評やネタ的に使用されるケースが中心となったようです。確かに日常のシーンで使うというよりは、ネタとして目にすることが多かったですよね。

8位の「AIスピーカー」とは、Google HomeやAmazon Echoといったスマートスピーカーのこと。デジタル好きの堅実女子は、自身でもつぶやいたりしていたのでは? AIスピーカーに話しかけると家電の操作ができたり、調べ物ができたりと近未来を体感できます。やはり、SNSでは話題に上がっていたんですね。

4位の「忖度」は、「インスタ映え」とともに、今年の流行語大賞にも選ばれました。ところで、みなさん「忖度」って読めますか? 答えは「そんたく」。「他人の気持ちをおしはかる」という意味です。SNS上では、「毎日忖度ばかりしている。一度は忖度される側になってみたい」といった日々のつぶやきや愚痴としてバズっていたよう。ちょっと悲しい……。

2017年のバズワード、トップ3は!?

1 2