堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】過保護の母親が職場に電話。残業ができずに派遣社員へ~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている上野沙紀さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。背中の中頃まで伸びたストレートの黒髪、前髪をヘアバンドであげておでこを出したヘアスタイルは、時代遅れな印象を受けます。メイクは自然の状態に近い太目の眉毛に、マスカラを塗っただけの簡易なアイメイクなのに、頬紅のピンク色が際立っています。テディベアがプリントされたセーターに、黒いパンツ、黒のスウェードのローヒールのブーツは、どこかちぐはぐ。大きめのナイロン製のトートバッグの中には、国内旅行のパンフレットが入っているのが見えます。

「母と服やバッグを共有しているんです」

現在は埼玉にある実家から、派遣社員として都内にある電機メーカーに通勤しています。「派遣は交通費が出ないので、家から近い方がいいのですが、母が名前を知っている企業じゃないと嫌だと言ったので電機メーカーに決めました」

派遣先の職場では、急な残業が発生した時に帰ろうとして、同じ部署の上司から注意されたこともあります。

「ちょっと様子をうかがって。今なら大丈夫っていうタイミングで席を立ったのですが、“この書類だけ対応してから帰ってもらえないか”と言われました。特に用事はなかったのですが、自分のこと以外で時間を取られるのが嫌なんですよね」

彼女は埼玉県浦和市出身。父は市役所勤務の公務員で、母はたまにパートで働くこともありましたが、基本的には専業主婦で家にいることが多かったそう。高齢出産の一人っ子だったため、両親から甘やかされて育ったと言います。

「うちは裕福だったわけではないのですが、中学から私立の女子校に進学しました。中学校に入学する前に近所の公立中学で体験入学の機会があって、母親が他の家の両親を“乱暴な人が多い”と言っていたのを覚えています」

沙紀さんは、中高とバトントワリング部に所属しますが、露出の高い衣装を見た母親に文化祭で踊るのを反対されます。

「部活は熱心にやっていたのですが、発表会直前になって母が衣装でもめ出したんです。私だけ上からTシャツを着て踊りました」

何かあるごとに、専業主婦だった母が彼女の行動に口を出してきたと言います。

「文化祭の準備で帰りが遅くなった時は、学校に直接電話をかけてきて、校内放送で名前が呼ばれました。なにごとかと思って職員室まで走ったら、母から“何時に帰ってくるの?”という電話で、拍子抜けしました」

共学の大学に進学を希望しましたが、母親から反対され女子大に進学します。

「母が行きたかった女子大を受験しました。無事合格できたのですが、10年間女子校で過ごしたので、社会に出た時に色々とギャップを感じましたね」

大学では、文学部に入学し英文学を専攻します。

「短期留学や、夏休みの期間にホームステイもできたのですが、母が“海外は危険だからダメ”と言って行かせてくれなかったんです。就職したら、自由に海外に行けるかもって思っていたのですが、友人が少ないので結局、海外旅行も母と行きました」

帰りが遅くなると心配した母親から電話が…

1 2