【派遣女子・どうして更新されないの?】過保護の母親が職場に電話。残業ができずに派遣社員へ~その2~

【派遣女子・どうして更新されないの?】過保護の母親が職場に電話。残業ができずに派遣社員へ~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている上野沙紀さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

埼玉県浦和市で生まれ育った沙紀さんは、今も実家であるマンションから都内にある派遣先まで通勤しています。市役所勤務の父と、専業主婦の母の3人家族で、高齢出産の一人っ子だったため、両親から大事にされて育ちます。中高一貫の女子校に通い、バトントワリング部に所属し、部活動に励みます。大学は母親の勧めで女子大の英文科に進学し、優秀な成績を収めます。卒業後は、念願の化粧品メーカーに就職しますが……。

化粧品メーカーに就職したのをきっかけに、沙紀さんは外見コンプレックスを感じるようになります。

「それまでは、母から“あなたは美人だから大丈夫”って言われていたので、あまり気にしていなかったんです。でも、周りの女性社員から“眉毛も手入れしていないの”とか、“肌は綺麗だけれど、色が黒いわね”と言われて、ショックでした」

同性である女性社員から、容姿を非難されるのが一番つらかったと言います。

「メイク講座に通ったり自己流でも頑張ったのですが、営業先で会うビューティーアドバイザーの人たちから、 “これを使って、その程度ですか”ってバカにしたように言われたりして辛かったです」

女性が多い職場を希望したのに、女性同士の人間関係で悩むようになります。

「女子校が長かったので、女性同士のつきあいはうまい方だと思っていたんですよ。母に相談したら、“育ちが悪い人なんだから、ほっておきなさい”って言われて」

営業職で入社し、3年が過ぎた頃に関西支社へ転勤の辞令がおります。

「入社前に、女性でも転勤があるのは聞いていました。でも、まさか自分が……と思ってしまいました。実家を出るチャンスとも考えていたので、嬉しさ半分、不安半分という気分でした」

しかし、転勤を知った沙紀さんの母が会社に連絡をします。

「母が勝手に、職場に電話をして“転勤を取りやめにしてくれ”って言ったんです。しかも、部署とかよくわかっていなかったので、“社長室につないでください”と電話したみたいで。結局、総務が対応してくれたみたいでしたが、会社に居づらくなりましたね」

転勤の予定が、母のせいでコールセンターに左遷。

1 2
恋愛講座 運勢 占い 結婚 浮気事件簿 アラフォー アラサー アプリ iPhone セカンド 婚活 不倫 貧困女子 恋愛 時短 金運 美人探偵 恋愛運 派遣女子 派遣
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!