【勤続10年女子】東北出身の真面目女子が不倫にハマり男性不信に。今はバンドの「ガチ恋」追っかけ~その1~

【勤続10年女子】東北出身の真面目女子が不倫にハマり男性不信に。今はバンドの「ガチ恋」追っかけ~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

今年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は、大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、鉄道会社で社員として働いている沙也加さん(仮名・33歳)。

沙也加さんは、色白の肌に薄めのメイク、肩までのストレートボブが実際の年齢よりも若そうに見えた。ややふくよかな体型を隠すようなラウンドネックのモヘア素材のグレイのセーターに、黒のフレアスカートでとてもフェミニンに見える。彼女には、中学の時から応援しているミュージシャンがいた。彼らが来年行なう海外公演を観に行くのを、今は仕事のモチベーションにしているそうだ。
「仕事がつらいときは、好きなミュージシャンの曲を聴くと嫌なことも忘れられる」

新卒で入社した鉄道関連会社で働くようになって、10年が過ぎていた。最初から“こうなりたい”と言うようなキャリアプランがあったわけでもなく、こんなに長い期間、同じ会社で働くとは思ってもみなかった。なぜなら最初は、地方に住む親の希望もあって公務員試験に向けて勉強をしていたからだ。しかし、地方公務員の倍率は5倍~6倍と狭き門。残念ながら、公務員試験に落ちてしまったが、「これでもう親の言う通り、試験も受けたし。地元に戻らなくて済む」と、胸をなでおろした。

公務員試験と同時に、民間企業への就活も行なっていた。採用人数が多そうな鉄道会社や、不動産業界に就活を絞って頑張った結果、2社から内定が貰えた。実家が地方だったため、社員寮が充実していた鉄道会社に入社を決めた。

沙也加さんは青森県青森市出身。レントゲン撮影を行なう放射線技師の父と、臨床検査技師の母、介護士の弟の4人家族で育った。中学の時に、テレビで見たミュージシャンのファンになり、高校に入学するとファミレスでバイトを始め、仙台までコンサートを観に行くようになった。高校は地元の県立高校に通っていたが、両親ともに医療業界に勤めていたため、看護師や臨床検査技師の資格が取れる学校を勧められた。

しかし、血を見るのが苦手で、理系の勉強も得意ではなかったため、医療系ではなく文系大学への進学を希望した。進学先は、仙台の大学か東京か迷ったが、就職のことを考えたら仙台ではなく、東京に出た方が良いのではと思い、親を説得して東京の大学に進学した。

学生時代は真面目で成績優秀だったのに、職場で不倫……

1 2
恋愛運 美人探偵 浮気 恋愛 占い 浮気事件簿 結婚 婚活 金運 恋愛講座 運勢 アラフォー 不倫 アプリ アラサー 時短 iPhone 占星学 貧困女子 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。