【勤続10年女子】東北出身の真面目女子が不倫にハマり男性不信に。今はバンドの「ガチ恋」追っかけ~その2~

【勤続10年女子】東北出身の真面目女子が不倫にハマり男性不信に。今はバンドの「ガチ恋」追っかけ~その2~

大卒の新卒入社した社員の、入社3年以内の退社が30%とも言われている現代。正規雇用ではない派遣やパート、フリーランスという働き方が多様化する中で、アラサー、アラフォーともなれば勤続10年近くになる社員もいる。

そんな「勤続10年女子」の本音に迫っていく。

今回登場するのは、商社で社員として働いている沙也加さん(仮名・33歳)。

青森県青森市で生まれ育った沙也加さんは、放射線技師の父と、臨床検査技師の母、介護士をしている弟の4人家族。医療系に進むのを親が希望したが、好きなミュージシャンのコンサートに行くことができる東京に行きたいと決めた。真面目で勤勉だった沙也加さんは、経済学部に進学し、大学側の支援を得て、簿記2級に合格。地元に戻ってほしいと言う親の手前、公務員試験も受けるが不採用となり、東京で鉄道会社に就職した。

新卒で入社した鉄道会社では、商業ビルのテナント管理を任された。新しいコーヒーショップのオープンのため、必要な書類の準備や下調べ、工事の進捗なども確認する忙しい日々。しかし、最初は嫌だった営業職だが上司の男性から褒められるようになって、やる気につながっていった。仕事の面白さを感じると同時に、上司である男性が素敵に見えてきた。一緒に過ごす時間が長くなる中、飲みに行って悩み相談をしているうちに、次第に既婚者である彼にひかれていった。まさか、奥手な自分が不倫をするとは思わなかった。

当時はまだ社員寮に住んでいたため、彼と一緒に過ごす時間が欲しくて、寮を出てアパートでひとり暮らしを始めた。自分の部屋に、彼の歯ブラシや髭剃りなどが置いてあるのを見ると、「ひとりではないのだ」と実感できた。しかし、幸せと感じた期間はあっという間に終わりを告げた。見知らぬ番号から電話が掛かってきて、電話に出ると彼の奥さんだった。着信履歴などから、沙也加さんの連絡先を割り出したようだった。彼と別れるなら職場にも告げ口はしないし、なかったことにしてあげると言われ、心が揺れたが「わかりました」と言って電話を切った。男性とは連絡が取れないように、着信拒否設定をした。恋愛よりも、仕事を選んだのだ。

しばらくは同じ部署で彼と顔を合わすのは辛かったが、コーヒーショップのオープンをきっかけに、部署異動を申請しホテル事業の部門へ異動した。元々、国内旅行が趣味だったので、旅行業務を扱う部署には興味があった。しかし、ホテル事業は土日も関係なく働かなければならないため、生活が不規則になった。コンサートのチケットや、通販で購入したグッズなど、朝が早く帰りも遅いために、宅配便が受け取れないということも、度々あった。

会社は、グループ企業を含めると数千人単位で勤めているため、異動したら彼とは一緒に仕事をする機会がなくなった。結婚はできないとはわかっていたが、このままずっと会える日々が続くと思っていたので、一時期は食事が摂れないほど落ち込んだ。美味しい物を食べることだけが生きがいだったので、国内旅行に出かけ、おいしい物を思う存分食べた。辛かった恋愛を忘れるために、パワースポットに出向いて良縁祈願を願ったりした。

恋愛を忘れるために、仕事に没頭する日々

1 2
iPhone 運勢 派遣女子 時短 婚活 恋愛 派遣 結婚 浮気事件簿 不倫 金運 アプリ アラサー アラフォー 恋愛講座 貧困女子 占い CITRUS 美人探偵 ダイエット
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!