【セカンド女子】ダラダラと続く不倫を断ち切ってくれた男性は嘘の塊。私を偽る彼を捨てられない日々~その2~

【セカンド女子】ダラダラと続く不倫を断ち切ってくれた男性は嘘の塊。私を偽る彼を捨てられない日々~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、大阪府のドラックストアで化粧品の販売員をしている安田晴代さん(仮名・34歳)。オンザ眉毛の腰まであるロングヘアに、多少の好き嫌いに分かれる個性的な服装を好む美人な女性です。出身は兵庫県の山奥の地域で、祖父母と両親の5人家族。祖父母にとって、ただ1人の孫だった晴代さんは溺愛されながら育ちます。高校時代には正式に付き合っていなかったものの1人の男性と恋仲になるも、その後自然消滅に。短大在学中にはアルバイト先で出会った男性と付き合いだしますが、女友達が入り浸る彼の自宅での生活にストレスを感じてしまい破局。就職先で配属された店舗の店長と不倫関係に陥ってしまいますが、関係は5年以上続いてしまい……。

「店長のことは好きというより、5年以上も一緒にいたのでいなくなるのが怖いといった感じだったと思います。いくら別れても店長と一緒の職場にいると寂しくなってヨリを戻してしまうことが続いていたので、思い切って仕事を辞めたんです。でも、そしたらたまにしか会えない関係になったことで新鮮な気持ちが蘇って、会える日を楽しみにするようになってしまって……。もうこのままずっとセカンドでいいのかもと思い始めていた時に、ある男性出会ったんです。

その男性と出会ったのは、友人の結婚式の二次会の幹事の打ち合わせでした。彼は友人の旦那さんのほうの幹事としてやってきた人で、私より2つ年下で、気配りのできる爽やかな男性でした。見ためはそこまで男前じゃなかったけど、年下ながら二次会の場所決め、お店の人との打ち合わせ、余興をするグループとの打ち合わせなどを率先して誘導してくれて。友人はできちゃった婚で、結婚式まで急遽決まった感じだったので、バタバタだったんですよ。それを見事に彼がやり切ってくれました。その姿に惹かれてしまいましたね。結婚式が終わった後は疎遠になってしまうのが寂しかったので、どうにか関係を続けようと、相談を持ち掛けて彼の責任感が強いところにつけ込みましたね」

その後、彼とは友人関係が続く中で密かな片思いを続けていたそうです。

「彼に片思い中でも、私は不倫をしばらくやめられなかったんですよ。ずっと彼には不倫していることを隠していたのに、私の友人が暴露してしまって……。彼は怒ったようにその関係を否定し、キッパリと『やめろ』と言ってくれました。そしてその時に『付き合ってくれるのなら、不倫はやめる』とずるい発言をしちゃんたんですよ……。そしたら彼はOKしてくれたんです!その後彼と不倫相手と3人で話し合いをすることになり、別れることができました。彼はその不倫相手の前でも真摯に私と付き合うことを報告してくれて、その姿は本当にかっこよかったです。あ~運命の人はこの人だったんだなって思いましたね」

運命の彼は片思い中に気づかなかった異性の匂いがして……

1 2
浮気事件簿 結婚 恋愛 派遣 派遣女子 婚活 iPhone 占い 恋愛講座 セカンド アラサー 金運 恋愛運 不倫 貧困女子 美人探偵 アラフォー 時短 運勢 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!