堅実女子ニュース&まとめ つい言っちゃう……子ども100人に聞いた「やる気スイッチ」がオンになる言葉、オフになる言葉

我が子に対して、毎日ガミガミうるさく言いたくないけれど、言わなきゃやらない。というか、言ってもやらない。そんな悩みを抱えるお母さんはたくさんいます。子どもはどう思っているのか……ということで、株式会社やる気スイッチグループホールディングスが中高生100人を対象に実施したアンケートの調査結果をご紹介します。

やる気スイッチオフのダントツ1位ワードとは?

親に言われてやる気スイッチがオンになった言葉が「ある」と回答したのは40%。そのうちの70%が、母親からの言葉でやる気スイッチがオンになったと答えています。
一方、親に言われてやる気スイッチがオフになった言葉が「ある」人は51%という結果に。誰に言われてオフになったのかというと、こちらも母親(79%)が最も多い回答となりました。

母親の言葉が子どものやる気に火をつける!?

母親の言葉が子どものやる気に火をつける!?

良い意味でも悪い意味でも、母親からの言葉が子どもに影響していることがわかりますね。子どものタイプにあわせた声かけの必要性を強く感じる結果となりました。

では、どんな言葉でやる気スイッチがオン・オフするのか見ていきましょう!

やる気スイッチがオフになった言葉ワースト3

1位:勉強しなさい・早くやりなさい(53%)
2位:何をやってもできない・どうせできない(18%)
3位:勉強なんてしなくていい・遊んでていい(11%)

1位は「勉強しなさい・早くやりなさい」……つい言ってしまいます。選んだ理由としては、「やろうと思っている」「やらなくてはいけないことはわかっている」がほとんどでした。頭では理解しているのに、親から言われるとやる気が低下してしまうようです。同じ勉強をするように促す言葉であっても、ただ上から「しなさい!」というよりは、「しなくていいの?」と子どもに問いかけるほうが、子ども自身が気づき、考えるきっかけになるのかもしれません。

2位「何をやってもできない・どうせできない」などの否定的な言葉や、3位の「勉強なんてしなくていい・遊んでていい」といったやる気をそぐような言葉も、子どものやる気スイッチをオフにしてしまいます。

また、ランク外には「(寝転がりながら)勉強しなくていいの?」という回答も。親の姿もしっかり見られていますので、気を抜いてはいけません。

子どもがやる気になる声かけとは?

子どもがやる気になる声かけとは?

1 2