【セカンド女子】「お金は払うから別れてほしい」。婚約者持ちの男性の子供を妊娠するも、セカンドから抜け出せないままシングルマザーに~その1~

【セカンド女子】「お金は払うから別れてほしい」。婚約者持ちの男性の子供を妊娠するも、セカンドから抜け出せないままシングルマザーに~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、神奈川県で事務の仕事をしている松田真央さん(仮名・37歳)。ショートヘアに色味のないナチュラルメイク、そして150センチちょいの小柄なところから、年齢よりも若く見えます。服装は、ジーパンと淡い色のオーバーサイズのVネックセーター、ノーブランドの黒のショルダーバックに、アクセサリー類はなし。女性らしいものが見当たらず、やや女性的な魅力が弱い印象を受けました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と6歳、2歳上に姉、3歳下に弟がいる5人家族です。両親は厳しくはなかったです。というか、兄弟が多くて、しかも私は3番目の娘だったので、ほぼかまってもらえなかった感じですね。私の面倒は主に1番上の姉が見てくれていました。なので、1番上の姉とはずっと、今でも仲良しですよ。2番目の姉とは小さい頃はよくケンカしていましたね。弟はそれなりにかわいかったんですが、母親が弟にべったりで、それによくやきもちを焼いていました。今では私以外は全員が結婚しちゃって……。お正月は家族だけの集まりでも大人数で、毎回お年玉の出費がきついですよ(笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「短大の時です。友達の紹介で知り合った同い年の男性でした。高校までは好きな人はいたんですが、ずっと振られていたんです。中学からずっと同じ人が好きで、4回告白して、4回振られました……。中学に1回、高校で3回ですかね。その人とは仲良くしていたんですが、どうしても女性として見れないと言われ続けましたね。でも嫌いと言われたわけでもないし、仲良くしてくれていたので、もしかしたら今ならいけるかも!って思っちゃうんですよね。

高校を卒業後も彼のことが忘れられなかったんですが、それを見かねた友人が男の子を紹介してくれたんですよ。彼はどちらかというとカッコいい部類に入る人で、顔というより、雰囲気がイケメンでした。スラッとして身長も180センチぐらいありましたから。最初こそまったく乗り気になれなかったんですが、グループで何回も遊ぶうちに彼と一緒にいることが楽しくなって、結果、私から告白して付き合いました。初めてのお付き合いは楽しいことばかりで、四六時中彼のことを考えていました」

恋愛体質が初めての彼氏で浮き彫りに……

1 2
恋愛 CITRUS 結婚 占い 金運 派遣女子 アプリ iPhone 派遣 運勢 美人探偵 恋愛講座 婚活 レシピ ダイエット アラサー 貧困女子 アラフォー 時短 浮気事件簿
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!