既婚女性の9割が「自分の夫は愛妻家」だと感じている背景……その陰にあるのは夫の努力!?

既婚女性の9割が「自分の夫は愛妻家」だと感じている背景……その陰にあるのは夫の努力!?

もはや毎年恒例の感もありますが、年末に離婚のニュースが続出した芸能界。しかし一般的な既婚女性は、なんと約9割が「自分の夫は愛妻家」と自覚している……そんなちょっとビックリの調査結果を発表したのが、結婚式場の日本最大級クチコミサイトを運営する「株式会社ウエディングパーク」です。世の夫婦は本当にそんなにラブラブなのでしょうか?調査結果をもとに考察してみます。

20代はチュー&甘い言葉、30代は家事育児の手伝いが重要に!

まず前述の既婚女性による「自分の夫は愛妻家」の調査結果ですが、詳細のデータは以下通り。「愛妻家?」という質問に「そう思う」と答えた人は57.2%で、「どちらかというと、そう思う」が33.8%。この2つを合計して、91.0%が愛妻家としています。

さらに同調査ではこれと似たような「パートナーから日常的に『愛されている』という実感がありますか?」と既婚女性に質問。すると「ある」が67.0%で「どちらかというと、ある」が24.0%。やはり約9割の妻は夫の愛情に満足しているようです。

 

裏を返せば「愛されている」と実感できないと、女性は結婚生活を続けられないのかもしれません

では具体的に、どういう点で既婚女性たちは夫に「愛されている」と自覚するのでしょうか?自由回答を見てみると、以下のような意見がありました。

「毎日、仕事前にいってきますのチューをしてくれる(20代後半)」

「結婚して何年も経っているけど、今だにちゃんと言葉で“愛してるよ”とか“好きだよ”って素直に言ってくれます(20代後半)」

「育児や家事を私と同じようにこなせるので、手の回っていないところをさりげなく手伝って助けてくれる(30代前半)」

20代のうちはチューや甘い言葉、30代になると「家事や育児の手伝い」といった点が「愛されている」のポイントとなるのでしょうか?

30代になると甘い愛情表現よりも、家事の手伝いが重要になるようです。

1 2
その1 浮気事件簿 恋愛運 セカンド 結婚 婚活 恋愛講座 アプリ アラフォー 運勢 不倫 美人探偵 貧困女子 恋愛 金運 アラサー キャリア 浮気 占い 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。