堅実女子ニュース&まとめ 寝る前のスマホ、偏食、階段を使わずエスカレーターに乗る……こんな人は冬の大敵、〇〇〇の危険信号!

冬の寒さが身に染みるこの季節。女性は特に冷え性に悩まされるケースが多く、手足などが常に冷えている気がする人も多いのではないでしょうか?

「養命酒株式会社」が行なった調査によると、20代から59歳の働く女性500人のうち、「冷え性と感じている」のは74.0%だそう。さらに冷え性には縁がなさそうな男性でも、500人のうち36.6%が冷え性を自覚しているという結果が出ているそうです。もはや冷え性は男女関係なく起こる病気といえるでしょう。

就寝前のお楽しみ「寝る前のスマホ」はほどほどがオススメ

同調査ではさらにビジネスパーソンの男女を対象に、「あまり運動をしていない」「寝る前にスマホをいじる」といった生活習慣に関するアンケートを実施。その答えを前述の「冷え性と感じる」人とそれ以外の人で比較したところ、興味深い結果が出ています。

 

  • 自身の生活習慣に当てはまるもの

あまり運動していない……冷え性の人52.8%、冷え性ではない人45.9%

寝る前にスマホをいじる……冷え性の人45.8%、冷え性ではない人36.0%

仕事中座りっぱなし……冷え性の人39.4%、冷え性ではない人34.7%

夜更かしすることが多い……冷え性の人36.3%、冷え性ではない人27.7%

冬でも冷たいものをよく食べる・飲む……冷え性の人22.2%、冷え性ではない人22.1%

遅い時間に食事をする……冷え性の人23.9%、冷え性ではない人17.0%

好きなものばかり食べる……冷え性の人24.4%、冷え性ではない人15.2%

エレベーター・エスカレーターをよく使う……冷え性の人24.2%、冷え性ではない人13.4%

朝食を食べないことが多い……冷え性の人16.1%、冷え性ではない人11.2%

熱々のお風呂に入る……冷え性の人13.6%、冷え性ではない人6.7%

 

「あまり運動していない」「寝る前にスマホをいじる」といった、誰にでも心当たりがありそうなことを、明らかに「冷え性」を感じている人のほうが実行していることが分かります。特に大きな差があったのが「寝る前にスマホをいじる」(9.8%の差)、「好きなものばかり食べる」(9.2%の差)、「エレベーター、エスカレーターを使う」(10.8%の差)。どれもつい普段の生活でやってしまうことですが、冷え性との密接な関係性があるようです。

ただ一方でいかにも体が冷えそうな「冬でも冷たいものをよく食べる・飲む」は、冷え性とそうでない人の差はわずか0.1%。冷たいものは冷え性にあまり関係がないのでしょうか。

1 2