堅実女子ニュース&まとめ 映画監督・齊藤工×主演俳優・高橋一生 そのコラボがサイコーにそそる映画『blank13』の中身とは!?(リリー・フランキーも出るよ)

俳優の斎藤工による長編初監督作『blank13』が2月3日から公開されます。しかも主役を担うのは高橋一生!その一挙手一投足がワイドショーを沸かし、ネットを騒然とさせた〝今旬”な存在から確実に次回作の求められる第一級の俳優となった斎藤工と、まさにいま〝今旬”な存在として出演作もひっきりなしな高橋。この最強にそそるコラボの行方とは?

『blank13』(配給:クロックワークス) ●監督:齊藤工 ●出演:高橋一生、松岡茉優、斎藤工、神野三鈴、榊英雄、金子ノブアキ、村中玲子、佐藤二朗、リリー・フランキーほか ●2月3日シネマート新宿にて公開、2月24日より全国順次公開 (c)2017「blank13」製作委員会 (ひかりTV / EAST GROUP / クロックワークス / TBSサービス ) &福山雅治

【あらすじ】
父(リリー・フランキー)の葬儀に参列するコウジ(高橋一生)と兄のヨシユキ(斎藤工)。コウジの恋人(松岡茉優)が受け付けを手伝ってくれるも、そこに母(神野三鈴)の姿はない。父はギャンブルに溺れて借金をつくった挙句、数年前に蒸発していたのだ。借金取りに怯えた幼少期のこと、余命宣告された父との再会。やがて、葬儀に参列した父の友人らがそれぞれに思い出を語り始める……。

映画マニア、齊藤工の撮る映画とは?

斎藤工は、かなり〝下積みな人”といえそうです。現在36歳。俳優デビューは2001年ですが、自ら放つ「ネクストブレーク歴〇×年」という自虐ネタが定番化、2014年に話題を呼んだ連ドラ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で上戸彩の相手役を務めて大ブレークを果たすまで、かなりの時間を要しています。

彼自身は大の映画マニアとしても知られていて、映画雑誌に連載を持ったり、劇場体験が身近でない地域で映画を上映する移動映画館「cinéma bird」の活動を地道に続けたり。その発言にはいつだって、熱い映画愛が流れているのです。そんな斎藤工が2014年に監督した短編映画『半分ノ世界』は国際エミー賞デジタル部門「デジタル・プログラム:フィクション」にノミネートされました。決して俳優の片手間ではなく、映画づくりに真摯な姿勢で取り組んでいることは確かに知っていました。

そんな彼の、初長編監督作が映画『blank13』なのです。ついに勝負に出たか……それで中身はどんな!?期待感で前のめりになって観た映画は、確かにいまの齊藤工にしか撮れないであろう、超ビックリ!にして不思議な面白さに満ちた作品だったのです。

現場での齊藤工監督。

1 2 3