堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】両手でキーボード入力もできない音大卒女子。一念発起し、スキルを身に付け派遣から契約社員へ~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている川辺真紀さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。少し明るめのブラウンのロングウェーブを後ろでひとつにまとめ、えんじ色のVネックセーターに細身のグレーのパンツを合わせていました。ぱっちりとした目元が印象的な、ナチュラルメイクに、口角が上がった表情からは親しみやすさがにじみ出ています。

「実は4月から派遣ではなく、派遣先と直接雇用になる予定なんです」と語る真紀さん。現在は、町田市にある実家で公務員の父と専業主婦の母と住んでいます。

「元々は、母は自宅のスペースを使って近所の子供たちにピアノを教えていたんです。そういう環境で育ったので、私も4歳からピアノを習いに行っていました」

彼女は、音楽科のある大学を卒業しています。

「ピアノ専攻で音楽技術や、講師になれる資格も取得したのですが就職には役立たなかったです」

子供の頃からピアノを習い、漠然と「音楽に関係する仕事がしたい」と思っていました。

「中高では、手をケガしたくなくて運動部には入らなかったんです。合唱部に所属して、伴奏を担当していました」

中高と家から近い公立校に通いながら、ピアノのレッスンに通うのは続けていました。

「音大はお金がかかるからと親から言われていたので、高校まで公立に通いました。大学は私立の音楽科がある学部に進学しました。卒業の時に、優秀な生徒が貰える賞に選ばれて表彰されました」

大学では、勉強熱心で真面目な姿が評価されましたが、就職活動はうまくいかなかったそう。

「ピアノの発表会には定期的に出ていたのですが、先生から“表現力が足りない”とか、“練習の方が上手かった”と言われていました。私はプロには向いていないんだなって思い、ピアノの講師職で就職先を探しました」

ストレス発散のため、ピアノを弾きながら歌うことも。

母親の影響もありピアノ講師を志しますが、募集数が少なく仕事が見つかりません。

「期間限定の時給制のバイトでならピアノ講師の仕事も見つかったのですが、フリーターになるのは不安だったので、音楽教室に事務職で就職しました」

パソコンのスキルは、キーボードを両手で打てないレベル

1 2