【貧困女子】働かないで暮らしたい!ペットボトルが散乱する部屋で見る専業主婦の夢~その2~

【貧困女子】働かないで暮らしたい!ペットボトルが散乱する部屋で見る専業主婦の夢~その2~

数年前までは普通の生活をしていたのに、気が付けば貧困と言われる状況になってしまった女性たち。

今回、お話を伺ったのは、アパレル系の販売員として働く、齋藤美緒さん(仮名・32歳)。都内の服飾系短大を卒業後、数回の転職をし、現在はアパレルメーカーの契約社員で販売員として働いています。年収は180万円で、都内の家賃3万円のシェアハウス在住。生活費が足りず母親の援助を受け、キャッシングでしのいでいます。

美緒さんには「専業主婦になりたいという」願望はあり、婚活をしているけれど、なかなかいい相手に出会えないそう。交際相手は多数いましたが、販売員の仕事上、土日が仕事になるので普通の会社員とは交際が続かない。ショッピングセンターのアパレル販売コーナーが職場なので、アルバイトの学生やフリーターの男性と付き合うことになってしまうと言います。

「巨大ショッピングセンターなので、大手のメガネ会社の社員とか、教育関連会社、保険関係の人など、バックヤードにはさまざまな男性がいます。でもそういう“スーツを着て仕事をしている人”は、ゆるふわ系のコンサバ女を交際相手に選ぶんですよね。私みたいなモード系はあまり相手にされないんですよ」

30歳の時に婚活を真剣に考えて、コンサバ風のファッションをしていた時期があり、その時は正社員として働く男性と交際ができたといいます。

「でも、その人は最初のデートで“これからの時代、共働きが当たり前だから、専業主婦願望がある人とは真剣に付き合えない”ときっぱり言ったんです。ひどいですよね。さらに“今のままでは、いずれ仕事がなくなるよ。収入が上がるように仕事を変えたりスキルアップするなら、もっといい出会いがあるかもよ”という失礼なことを言ってきたんです。結局、その男はネットワークビジネスの勧誘が最終目的だったのですが、最初にそれを見抜けなくて、初日のデートで深い関係になってしまったんですよね」

初デートで深い関係に。そこで言われた言葉は「なんか美緒さんってクサイよ」という一言。

1 2
金運 アラフォー 恋愛 派遣 婚活 浮気事件簿 運勢 恋愛運 浮気 セカンド 結婚 アラサー 恋愛講座 貧困女子 時短 美人探偵 アプリ 占い 不倫 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!