結婚前は気付かなかった……夫婦間のギャップ、2位は「お金の価値観」! では1位は!?

結婚前は気付かなかった……夫婦間のギャップ、2位は「お金の価値観」! では1位は!?

私にはこの人しかいない! 良いところも悪いところもひっくるめて、相手のことはなんでも理解している……お互いにそう思って結婚したはずが、一緒に生活を始めるとアレ? さまざまなシーンで違和感が。そんな「結婚後のギャップ」について、アニヴェルセル総研が全国の20~30代の既婚男女618人に調査を実施しています。

結婚してはじめて見えてくるギャップには、いったいどんなことがあるのでしょうか?

結婚してはじめて見えてくるギャップには、いったいどんなことがあるのでしょうか?

我慢できないほどではない違和感も、積み重ねていくとフラストレーションが溜まってしまうもの。ということで、配偶者との間にあったギャップについて聞いてみました。

あなたと配偶者ではどのようなギャップがありましたか?(複数回答)

5位:イベントがある日の過ごし方(56人)

「自分は外に出たいが、嫁は家でいろいろやりたがる」(男性/34才)
「私は念入りに計画を立てるが相手は行き当たりばったり」(女性/36才)
「自分:イベントを楽しむことが苦手なのであまり外出したくない。配偶者:季節毎のイベントに参加して思い出を作りたい」(男性/30才)
「相手はイベントに疎く、私はイベントを楽しみたくても参加もできない」(女性/29才)
「サプライズ好きな私と特になにもしてくれない相手」(女性/31才)

一方がイベント好き、もしくはイベント嫌いとなると、記念日などは揉めそうですね。結婚前は合わせてくれていたのか……と気付くこともありそう。

4位:教育方針(69人)

「配偶者は私立小も検討しているが自分は公立で良いと思う」(男性/36才)
「夫は教育は投資ととらえお金をかけたがるが、私はお金かけずに手間かけてとブレーキをかけることが多い」(女性/33才)
「習い事はたくさんさせたいらしい」(女性/25才)
「子どもの仕事は遊び!な考えの旦那さん。小さい頃からきちんとした教育を受けさせたい私」(女性/33才)
「配偶者は子供をできるだけ良い学校に行かせたいと考えている。自分は、それほど高学歴であることを望んでいない」(男性/38才)
「厳しく育てるか否か」(男性/32才)

「教育方針」のギャップ、よく耳にしますよね。お受験をさせるかなど、夫婦間で高学歴志向の有無があると、意見にも食い違いがでるのではないでしょうか。子どもに負担がかからないよう、じっくりと方針をすり合わせていくしかありません。

3位:家事のルール(131人)

「神経質で綺麗好き」(男性/38歳)
「相手がやらな過ぎてびっくりした」(女性/31歳)
「掃除をする頻度」(男性/38才)
「洗濯物の干し方」(女性/30才)
「家事は女がやるものだと決めつけられていた」(女性/26才)
「手を抜くところと、手を入れるところの違い」(女性/24才)

女性から男性に対する注文が目立ったのがこちら。共働きが普通となった昨今では、男性の家事参加も当たり前という意識が広がっているようです。

1 2
恋愛運 iPhone アラフォー 金運 婚活 浮気 アプリ アラサー 美人探偵 浮気事件簿 その1 貧困女子 恋愛 占い 運勢 恋愛講座 結婚 セカンド 時短 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。