堅実女子ニュース&まとめ 見~つけた!いま映画やドラマで気になる若手注目株、つぎのブレークはこの人!

何気なく映画やドラマを観ていて「誰かわからないけど、この俳優なんか気になる!」と思い、エンドクレジットで名前を確認するも、そのまま忘れて日々が過ぎる。それでまた別の映画やドラマで、やはりどう考えても気になるお芝居をする人がいて、どこかで観たことあるけど誰だっけ?などと思って名前を確認すると、あああのときの〇〇!と名前と顔が一致し、この人ぜったいに来るな!などと思う。それで自分がいちばんに目をつけた!と思うも、案外多くの人が同じように注目していて、次第に出演作が増え、演じる役が大きくなっていく……ニューカマーの発掘はいつだって楽しいもの。今回、筆者がいま超気になる俳優を思いつくままズラズラっと並べたら、あっという間に5人に。つぎのブレークはこの人、か?

太賀ですが、なにか?

太賀は、もうとっくにブレークしているのかも。宮藤官九郎脚本の連ドラ『ゆとりですがなにか』で〝ゆとりモンスター”こと山岸をぶっちぎりのハイテンションで演じ、ついに彼を主役に据えたスピンオフドラマまで生れたのは、この役を演じた太賀がとてもナチュラルにずうずうしい人間に見えたから。そのツボを突いた演技に、こんなヤツいる~、ムカつく~!と多くの共感を呼んで笑えたからだった。

遡って考えても太賀は『桐島、部活やめるってよ』『男子高校生の日常』『スイートプールサイド』『私の男』と小さな役での一瞬の出演シーンでも、観る者にどうにも気になる!と思わせる企みのある演技をしていた。『ほとりの朔子』であの二階堂ふみを相手にちょっと不思議な存在感を出したり、石井裕也監督による連ドラ『おかしの家』にゲスト出演し、オダギリジョー演じる主人公にイヤがらせ的訴訟を起こす男を、これでもか!というくらい嫌味たっぷりに演じたり。作品の中で彼の占める位置は次第に大きくなっていく。

『ポンチョに夜明けの風はらませて』での「明日とかどうでもいい」アホアホな男子、『南瓜とマヨネーズ』で魚喃キリコが描く、女子にとってはたまらない色気を漂わせる売れないミュージシャンと、役がどんどん大きく幅広くなり、その演技をじっくり味わえるようになった。

今後も『淵に立つ』の深田晃司監督作『海を駆ける』、山田孝之と共演する『50回目のファーストキス』と気になる作品が続く。ああ、なんて楽しみ。

『海を駆ける』(配給/日活 東京テアトル)監督・脚本・編集/深田晃司   出演/ディーン・フジオカ 太賀、鶴田真由 ほか ●5月よりテアトル新宿ほか (c)2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS

初舞台は1歳3か月!存在感がすごい若葉竜也

若葉竜也という俳優を意識したのは2004年のWOWOWドラマ『4TEEEN フォーティーン』だったか、翌年の連ドラ『野ブタ。をプロデュース』のシッタカ役か。当時15~16歳。でもじつは大衆演劇の老舗「若葉劇団」の三男坊で、初舞台は1歳3か月なのだ。早っ! そんな彼が注目されたのは映画『葛城事件』で無差別殺傷事件を起こして死刑囚となる葛城稔役だった。劇団「THE SHAMPOO HAT」の赤堀雅秋(←俳優でもあって、最近だと『監獄のお姫さま』でキョンキョンの別れた夫役とか)演出のもと、精神的にかなり追いつめられながら演じたというこの役は、ほんと~に見応えがあった。彼の存在が明らかに映画の鍵になっていて、その役割をきっちりと果たした。

福田雄一監督の『明烏 あけがらす』では七三分けの小心者、ラブコメドラマ『過ちスクランブル』ではヒロインが想いを寄せるイ~感じの同僚、吉田大八監督の『美しい星』では存在が謎めいたストリートミュージシャン、音楽が禁止された近未来を描く『サラバ静寂』では音楽への過激な初期衝動を体現する青年――どの役も「彼がやったから面白くなった」と思わせる実力の持ち主。

『曇天に笑う』では本広克行監督が描くにぎやかな世界観のなかで画面の熱を冷ややかにする忍者を演じ、『素敵なダイナマイトスキャンダル』では柄本佑演じる主人公の「バクハツする母」と心中する男役。う~む、どちらも決して多くない出演シーンで、作品の質を確実に底上げしている。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』(配給/東京テアトル)監督・脚本/冨永昌敬 出演/柄本 佑 前田敦子 ほか ●3月17日よりテアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

1 2