【いい転職・悪い転職】絶望の「タバコ部屋人事」からの脱出……男女差別批判転職の結末は~その1~

【いい転職・悪い転職】絶望の「タバコ部屋人事」からの脱出……男女差別批判転職の結末は~その1~

今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省の労働力調査でも2016年の転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加予測。

そこで、本連載では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何かを語っていただきました。

芳村千奈さん(仮名・33歳・神奈川県出身)

  • 転職回数……2回
  • 転職した年齢……24歳、29歳
  • 年収の変化……280万円→500万円→480万円
  • 学歴……中堅公立大学経済学部卒業

母はシングルマザー、英語スキルがあったから仕事ができた

キャリアのスタートはSEでした。もともとIT業界を希望していたのは、「これから生き残るには英語とITスキル、金融知識がないとダメだ」と思ったから。というのも私の母はシングルマザーなのですが、英語とフランス語が堪能だったので外資系のエネルギー関連会社で正社員として勤務できたから。そのおかげで、私も大学まで出してもらえるどころかカナダ留学などができ、これはキャリアの上でもプラスになっていると思います。

ちなみに、父親という人とは私が3歳の時以来会っていません。当時は大手の商社に勤務していたらしいのですが、キャバクラとパチンコで借金まみれになっていたのを母が気付き、速攻で離婚。当時、母は30歳の専業主婦だったのですが、英語ができたのでキャリアの道が開けたと言っていました。しかも、ステキな英国紳士と20年以上にわたり恋愛をしていて、本当にステキだなと憧れます。

新卒で勤務した会社は、ブラック企業だった

母の時代は英語がスキルになった時代ですが、私の世代では英語は「できて当たり前」のもの。キャリアとして成立させるには、ネイティブ並みの英語力が必要だと感じます。でも、そこまでの語学力は2年間の「なんちゃって留学」では身に付かず、その後の勉強をサボっていたので錆びつく一方。でもITはこれからの時代に必須スキルだと思い、SEに絞って就職活動をしました。お金をもらいながら勉強をしたい、という下心もありました。

「若いうちはなるべく厳しい環境に身を置いた方がいい」という当時付き合っていた20歳年上の彼のアドバイスもあり、急成長している人気IT企業に入りましたが、ここは超ブラック。朝7時に出社し、24時15分まで仕事をしても終わらないのです。何年も前の終業時間をなぜ覚えているかというと、エレベーターを乗る時間も含めて、駅まで5分の距離の会社で、24時20分の終電に乗るまで仕事を続けていたからなんです。

衝動的に電車に飛び込もうとした朝、転職を決意

1 2
浮気 アラフォー 時短 貧困女子 セカンド 恋愛講座 不倫 派遣 結婚 恋愛運 金運 アラサー 恋愛 占い iPhone アプリ 美人探偵 婚活 浮気事件簿 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!