【セカンド女子】夢は専業主婦!絶対に働きたくない女性が居座った、千葉の家での2番手ポジション~その1~

【セカンド女子】夢は専業主婦!絶対に働きたくない女性が居座った、千葉の家での2番手ポジション~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の総菜屋で働いている山崎めぐみさん(仮名・37歳)。胸まである真っ直ぐな茶髪に、白いオフショルダーのニットからは白い肌ときれいに浮かぶ鎖骨が印象的です。囲むように描かれたアイラインとマツエクによって、大きな瞳の目力の強さがさらに引き立っています。身長が170センチ弱とやや高く、スレンダーで見ためはきれいな女子力高めの女性といった感じです。一見モテそうな雰囲気を持つ、めぐみさんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は都内で、両親と2歳上に兄がいる4人家族です。父親は普通のサラリーマンで、母親は専業主婦でしたが、母親の実家がお金持ちで、母親は専業主婦ながら贅沢な生活をしていましたね。家族の食事などは普通で、家族旅行などの贅沢も一般家庭と同じだったんですが、時々母親が大きな買い物をして帰ってくる時があったんです。ブランド物の紙袋を2~3点ほど、半年に1度くらいのペースでした。小さい頃は何とも思ってなかったんですが、高校生ぐらいからは母親は私に見られると『お父さんには内緒でお願い』と言ってきていたんで、きっと祖父母が甘やかしているんだなとわかってきました。

私の母親はどこかしっかりしていないというか、甘え上手なところがあって、いつまで経っても親に甘えている感じでしたね。祖父母は孫の私にもたくさん物を買ってくれましたが、どこか母親のほうをかわいがっている感じはしていました。母親が本当にうらやましかったですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生2年生の時です。学校の最寄りの駅で友達といた時にナンパしてきた他校生の人でした。彼は1歳上で、数駅離れたところにある学校に通っていました。顔もかっこよくて、身長もそこそこ高くて、見ためがタイプでしたね。まあ、見ためが好きじゃないとナンパに引っかかったりしませんよ。その場は一緒におしゃべりしただけだったんですが、連絡先を交換して、その後3回目のデートで付き合うようになりました。当時はショートメールで、たくさんやりとりしていたのでお金がたくさんかかったと思います。親に払ってもらっていたので、うる覚えですが……。今思い出しても、楽しかったな~と思います。半年ほどでケンカ別れしちゃったんですがね(苦笑)。たしか、遊びで付き合ってる女の子が私のクラスにいることがバレたときに、ケンカしたと思います。言い合いになって、そのままどちらからも謝りの連絡をすることなく疎遠になりましたね」

男性は優しい生き物という価値観が芽生えていく

1 2
恋愛 運勢 アプリ 占星学 占い 浮気事件簿 時短 貧困女子 不倫 金運 アラサー 恋愛運 派遣女子 美人探偵 派遣 婚活 アラフォー iPhone 結婚 恋愛講座
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!