堅実女子ニュース&まとめ 【勤続10年女子】「結婚したら家から出られる……」Uターン就職するも、親の介護が待っていた1人っ子の憂鬱~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、地方銀行の一般職として働いている佳代子さん(仮名・32歳)。

佳代子さんは、ダークブラウンの髪を大きめのバレッタでひとつにまとめていた。色白の肌には、ブラウンを基調としたアイメイクとコーラルピンクの口紅が似合っている。流行りの淡いパープルのモヘアニットに、細身のジーンズを履き、スニーカーを合わせた着こなしは、ファッション誌によくある“抜け感のあるおしゃれ”という雰囲気。仕事中は銀行の窓口業務のため、いつも制服を着用しているそう。

「今、自宅で父の介護をしているんです」

そう語る佳代子さん。仕事がない休日は、婚活アプリなどで知り合った男性と会うこともある。30歳を過ぎ、周りには結婚や出産ラッシュが続いている。

佳代子さんは、栃木県出身。元々は父の実家だった一軒家で生まれ育った。公務員の父と、保険外交員だった母との3人家族。母親が35歳の時に生まれた彼女は、小さい頃はピアノや水泳というようなお稽古に通い、大事に育てられた。小学校に入ると、ピアノよりも体を動かしたりする方が楽しくなったため、地元の体操クラブに通うようになった。しかし佳代子さんの母はケガをするのではないかと心配し、毎回、練習を見学に来ていた。中学では、体操部がなかったため陸上部に所属し、短距離の練習に励んだ。大会で成績を残せるような選手ではなかったが、少しずつでもタイムが縮まるのが嬉しかった。

高校は地元の女子校に進学した。それまでの中学と違い、部活動に華やかなダンス部があった。ヒップホップやジャズダンスを基本としたダンスは、それまで夢中になれるものがなかった佳代子さんにとっては新鮮だった。新入生を対象とした部活紹介で、生徒たちが楽しそうに踊る姿を見て、すぐに魅了された。ダンス部に入部したいと思ったが、露出が高い衣装などがあるため厳しい母が良い顔をしなかった。そこで、学校の成績は常に上位をキープすると言う条件で、部活動を始めた。

大会前は、ほぼ毎日のようにダンス部の練習があったが、授業よりも楽しみだった。中学の時も、高校もイベント行事などは好きだったが、中心となる人物ではなかった。たとえ目立たなくても、失敗はしないように練習をしてベストを尽くすのが、佳代子さんのポリシーだった。高校では学校成績や生活態度が良かったため、都内にある女子大の指定校推薦を受けられると、学校から薦められた。このまま地元の大学に進学しようと思っていた彼女だったが、女子大にはダンス部があり、卒業生の就職率も90%以上と高く、通いたいと思った。

恋愛を諦め、地元へUターン就職

1 2