肌や髪の乾燥、スカートのまとわりつきまで… 冬の静電気を身近なアイテムで解決!

肌や髪の乾燥、スカートのまとわりつきまで… 冬の静電気を身近なアイテムで解決!

厳しい寒さと乾燥が気になるこの時季。空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるだけでなく、“すべての肌トラブルは乾燥が起因している”と言われるほど美容にも影響をもたらすなど、乾燥は美容面でも大きな問題に繋がります。今回は、乾燥がもたらす冬特有のお悩みの代表格、“静電気”を解決する身近なアイテムをご紹介します。

静電気が起こりやすいシーズンはまさにこれから!

静電気が起こりやすいシーズンはまさにこれから!

冬と言えば、何かに触れるたびに「バチバチッ」と静電気が走って不快な思いをしている方も少なくないでしょう。実はこの静電気も、乾燥が原因のひとつと考えられています。気象庁の統計情報によれば、2009年の12月の平均湿度は51%、最小湿度は12%。静電気は湿度が50%を下回ると特に発生しやすくなるため、まさに冬はこの条件に該当するのです。それでは早速、様々なお悩みにまつわる静電気問題を解決する方法をご紹介します。

・スカートへのまとわりつき対策

静電気はその名の通り、物質がこすれあったりして発生する摩擦により、電気が発生して起こります。女性なら誰もが体験したことがある“静電気でスカートが足にまとわりつく”現象も、スカートとタイツ・ストッキングの摩擦が原因。スカートへのまとわりつき防止には、手にハンドクリームを塗り、さらにタイツやストッキングを履いた上からハンドクリームをつけた手でなでてあげると効果的。摩擦が起こらないようにするためには、乾燥を防ぐことが有効なのです。ハンドクリーム対策以外にもオススメなのが、スプレータイプの容器に入れた化粧水と美容オイルです。

・肌の乾燥対策

肌の理想的な湿度は、およそ65%。湿度が低い冬は肌にとっても過酷なシーズンと言えます。静電気が起こると、肌に刺激を与えてしまい、肌のバリア機能が低下する恐れがありますので、静電気を起こさないことが肌を健やかに保つことにもつながるのです。

また、乾燥肌は血流が悪い状態であるため、体の中に静電気を溜め込んでしまう傾向にあります。それだけでなく、乾燥肌は肌の水分量も少ない状態なので、放電できるだけの水分を含んでいないことも静電気発生の原因のひとつです。

肌の保湿対策としては、肌へのこまめな水分補給と保湿ケア。スプレータイプの容器に化粧水、もしくは精製水を入れて、乾燥が気になる部分にシュッとに振りかけてあげましょう。肌の保湿に関しては、もちろん顔だけの話ではなく、全身の保湿ケアも重要です。美容オイルは全身に使えるので便利でオススメ。オイルのべたつきが苦手な方は、例えばお手持ちのハンドクリームやボディクリームなども小さいサイズのものを携帯して小まめに塗り直し、なるべく乾燥しないように心がけましょう。

1 2
婚活 浮気 貧困女子 占い 恋愛運 不倫 美人探偵 時短 浮気事件簿 その1 アラサー 恋愛講座 キャリア 恋愛 セカンド 結婚 アプリ アラフォー 運勢 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。