【いい転職・悪い転職】「契約でも一流企業、社名はアクセサリー」執念の転職活動で得た“一流の名刺”~その1~

【いい転職・悪い転職】「契約でも一流企業、社名はアクセサリー」執念の転職活動で得た“一流の名刺”~その1~

今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省の労働力調査でも2016年の転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加予測。

そこで本連載では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何かを語っていただきました。

大塚彩子さん(仮名・33歳・東京都出身)

  • 転職回数……2回

  • 転職した年齢……24歳、30歳

  • 年収の変化……250万円→450万円→280万円

  • 学歴……中堅女子大学文学部卒業

チャラい大学時代を過ごしたツケで「内定0」

東京都内にある、そこそこ有名な女子大を卒業しました。大学時代の専攻は英米文学でしたが、「専攻はパリピーの生態研究」と言うくらい、遊びまくっていました。毎晩のように、お金持ちの友だちの家に呼ばれ、パーティー三昧でした。クラブも海外旅行も、自分のお金を1円も払わずに遊んでいたと思います。バイトは歌舞伎町の飲食店や、週末のキャンペーン系のモデルをしていたので、企業のトップクラスの人との出会いも多く、「エライおじさん」と対等に話していて、自分は他の学生とは違う、特別なんだと思い込んでいました。だから、就活もうまくいくと思っていたんです。でも、140社エントリーして、内定はゼロ。いい気になっていたツケが回ったのだと思いますが、当時は気が付きませんでしたね。

飲食店のバイトで知り合った人に、人事の人がいたのですが、「就活!?アナタはちょっと厳しいかもしれないね」と言われたことを覚えています。

新卒で勤務したのは、読者モデル仲間が紹介してくれたクリニック

実家に住んでいたので、大学卒業後もバイトをしつつ将来を模索していたのですが、「女子大生」の肩書がなくなると、遊びに誘ってくれる相手が激減する。しかも質が落ちてくるんですよね。下のほうにいた男性が、タメ口でデートに誘って来たのにはびっくりしました。

遊んでいた女の子の仲間はちゃっかりしていて、コネを使って内定もらっていました。名家の人も多かったから親族の大企業に入っている人もいたな。あんなに遊んでいたのに、ワイン勉強したり、英会話レッスンしたりする「丸の内OLの上品生活」を送っているんですよ。でも私は飲食店バイトをしつつ、将来が全く見えない日々を過ごしている。年齢とともに稼げる額も減り、焦り始めた頃に読者モデルの友だちが、医療関連会社の受付の仕事を紹介してくれたんです。

上司風を吹かせる友達に、劣等感を覚えつつ事務作業をこなす

1 2
金運 恋愛運 浮気 恋愛 恋愛講座 その1 浮気事件簿 貧困女子 アラフォー セカンド 運勢 不倫 美人探偵 時短 占い 婚活 キャリア アプリ アラサー 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。