【セカンド女子】「君は頑張っている」。複雑な家庭環境から救い出してくれた既婚者との幸せな生活~その1~

【セカンド女子】「君は頑張っている」。複雑な家庭環境から救い出してくれた既婚者との幸せな生活~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、埼玉県のクリーニング屋で受付スタッフとして働く高木さやかさん(仮名・33歳)。鎖骨まである金髪と茶髪の間のような色味の髪を後ろで1つに束ね、クリッとした大きな黒目がちな瞳が印象的な女性です。服装はゆったりとした黒のフリンジがついたセーターに、ブーツカットのジーンズを履いています。バックはノーブランドの茶色のエナメルバックに靴はスニーカーです。全体的に若いというより、幼い恰好といった印象を受けました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親と4歳上の姉、2歳上の兄、13歳下の弟との6人家族です。家は物心がついた時から貧しくて、両親は私が赤ちゃんの時に離婚しています。でも、父はよく私たちに会いに来てくれていたので、離婚しているなんて知らなかったんです。その事実は小学校の時に知りました。両親は仲良しだったので気がつかなくて……。そして、弟はお姉ちゃんの子供です。姉は今でこそ落ち着きましたが、昔ちょっと悪かった時があって、未成年で産みました。弟はその事実を今も知らないはずです。もしかしたら気がついているかもしれませんが、弟はすでに家を出て、彼女と同棲中なのでもうあまり会う機会がなくて、よくわからないんです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年生の時です。当時はバレー部に所属して、毎日部活ばかりしていました。私の姉と兄は中学くらいからちょっと悪くなり出したこともあって、私は絶対そうなるもんかと必死だった記憶があります。真面目に生きていこうと思っていました。初彼はクラスメイトの同じ男子バレー部の子でした。中学の時の付き合いなので、部活帰りに一緒に寄り道したり、一緒にテスト勉強を放課後したりするくらいで本当に健全な付き合いでしたね。まったく男性に免疫がなかったので、わがままなんかも全く言えないまま、付き合っている意味がないとか、自分のことが好きかわからないと言われて振られました」

ヤンチャな男性と付き合うも、高校は無事卒業

1 2
恋愛講座 アラサー 恋愛運 その1 アプリ 時短 占い 結婚 セカンド 恋愛 浮気事件簿 不倫 浮気 貧困女子 キャリア 婚活 運勢 金運 美人探偵 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。