堅実女子ニュース&まとめ とびきりゴージャスでカラフルな〈死者の国〉をギター少年が大冒険!『リメンバー・ミー』

ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作、映画『リメンバー・ミー』が3月16日(金)に公開になりました。『トイ・ストーリー3』の脚本&監督を務めたリー・アンクリッチ監督をはじめとするスタッフは、製作総指揮にジョン・ラセター、『アナと雪の女王』の〝レリゴ~”で社会現象を起こしたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが「リメンバー・ミー」の作詞・作曲を手掛けるという最強の布陣。果たして、その中身とは?

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』(c)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (c)2018 Disney. All Rights Reserved.

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』(配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン)
●監督:リー・アンクリッチ ●共同監督:エイドリアン・モリーナ ●製作:ダーラ・K・アンダーソン ●製作総指揮:ジョン・ラセター  ●音楽:マイケル・ジアッキーノ ●歌曲:ロバート&クリステン・アンダーソン=ロペス ●日本版エンドソング:「リメンバー・ミー」(シシド・カフカfeat.東京スカパラダイスオーケストラ)●3月16日(金)全国ロードショー
(c)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(c)2018 Disney. All Rights Reserved.

【あらすじ】
ミゲル少年はメキシコの大スター、エルネスト・デラクルスに憧れ、ミュージシャンを夢見ていた。ところが彼の家では、音楽を奏でることも聴くことも禁止。ある日、祭壇に飾られた先祖たちの家族写真から、自分のひいひいおじいちゃんはデラクルスに違いない!と興奮したミゲルは彼の墓に忍び込む。お墓にまつられたギターを奏でたとたん、先祖たちの暮らす〈死者の国〉へ迷い込むのだが……。

みんな大好き!ピクサー・アニメーション

それほど映画に詳しくない人でも、ピクサー・アニメーション・スタジオのことは知っているのではないでしょうか?『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』『カーズ』--好きにならずにいられないかわいらしいキャラクターと、観る者の心をがっしり捉えて離さないツボを的確についた脚本。キュートな笑いが適度に散りばめられ、心躍るハラハラどきどきで観客をぐっと物語に惹きつけ、王道のテーマを忍ばせて、最後にはじん……と涙させる。大人も子供もこぞって観たくなる、出来れば何度でも!それが〝ピクサー印”のアニメーション映画なのです。
その最新作が『リメンバー・ミー』。こんどの物語の舞台はメキシコ、そして目もくらむほどにカラフルな〈死者の国〉です。これがまた、まさに!ピクサー印の安定した楽しさを味わえる作品になっています。

主人公は音楽が大好きで、ギターに関して天才的な才能を持ち、ミュージシャンを夢見ている少年ミゲル。でもその夢を、家族には隠すしかありませんでした。なぜならひいおばあちゃんであるココの父親が音楽に狂い、家族を捨てた過去があったからです。メキシコは何世代もが一緒に暮らし、家族を大切にするお国柄。どうしたら僕の夢を、大好きな家族に認めてもらえるだろう?ミゲルは夜中にこっそり、秘密の屋根裏部屋でギターをつまびきます。
「誰もわかってくれない。ただ、音楽をやりたいだけなのに」――こんどの主人公は、家族に応援してもらえないけど、どうしても譲れない夢を内に秘めた少年。誰もが感情移入しやすいキャラクターです。ミゲルの側にはビー玉みたいなまん丸い目でまっすぐにミゲルを見つめ、長~い舌をいつでもぺろんと垂らす、彼のことが大好きな犬のダンテがいます。少年の冒険には小さな相棒がつきものですよね。2人が経験する冒険とは、どんなものでしょう?

古いビデオテープで憧れの歌手の映画を観ながら、ギターの練習をするミゲル。

1 2 3