【貧困女子】「DVされても結婚したい」整形疑惑男に貢ぐ日々。「お金が足りない」秘密の副業の内容は?~その1~

【貧困女子】「DVされても結婚したい」整形疑惑男に貢ぐ日々。「お金が足りない」秘密の副業の内容は?~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、早川紗央莉さん(仮名・32歳)。都内の短期大学を卒業し、一般職として自動車販売会社に就職しましたが、5年で退職し、派遣社員になります。

「派遣さんのほうが、手取りの給料が多かったので、正社員として働きながらも、いつか派遣社員になりたいと思っていたんですよ。だって、年金とか払ってたって絶対にもらえないと思うし。私達、正社員一般職の給料は額面こそ20万円くらいですが、いろいろ引かれてしまい、手取りで15万円。それなのに、派遣さんは25万円を超えている。彼女たちは1000円のランチを食べているのに、私達は冷凍食品だらけのお弁当。しかも、派遣さんって、正社員じゃないから責任がある仕事をしていない。すごく不公平だと思ったことを覚えています」

紗央莉さんは女子力が高めの雰囲気。ボディーラインがはっきり出ているピッタリとしたニットワンピに、ゴールドのメッキが剥げているハートのラインストーンのペンダントをしています。ネイビーのショートブーツは、かかとがかなりすり減っています。

バッグは、有名なフランスブランドのミニボストン。サブバッグとして持っていた、フランスの有名な洋菓子店のマカロン柄のトートバッグには、ピンク色のお弁当箱と、容量700mlの白い保温マグボトルが入っていました。

「今お金が本当になくて、時々お茶や砂糖、トイレットペーパーなども派遣先から持って帰ってきているんです。今の会社に派遣されて半年になるのですが、ペットボトルの水やコーヒー豆などの備品の減りが激しくて、問題になり始めたみたいなんですよね。前が更新されなかったのも、何かを疑われているからだと感じています」

職場から持ち去りする生活必需品は、彼が家に転がり込んできているから

1 2
セカンド 占い 恋愛運 貧困女子 結婚 iPhone 不倫 恋愛講座 美人探偵 婚活 派遣 アプリ 金運 浮気事件簿 恋愛 運勢 浮気 時短 アラフォー アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。