【勤続10年女子】デキ婚するも夫のDVでシングルマザーに。英語力を生かし未経験のIT業界へ~その1~

【勤続10年女子】デキ婚するも夫のDVでシングルマザーに。英語力を生かし未経験のIT業界へ~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、外資系企業のインターネット関連会社でディレクターとして働いている明日香さん(仮名・35歳)。

明日香さんは、くせ毛風のウェーブがある髪を肩までのボブにし、ブラウンを基調としたオフィスメイクには、黒縁メガネが似合っている。ベージュのトレンチコートにブラウンのVニット、紺色のレース柄タイトスカートには、薄い黒タイツに5センチヒールのパテントパンプスを合わせていた。彼女は一見すると、独身のキャリアウーマン風の雰囲気。しかし、10歳の娘がいるシングルマザーだ。

「出産した後に、再就職をしてからもうすぐ10年なんです」

そう語る明日香さん。周りは30代を過ぎてから、結婚や出産ラッシュを迎え、しばらく疎遠だった友人からも育児の悩みなどで連絡が来るようになったという。

明日香さんは、東京都出身。都下ではあるが、父が購入したマンションで育った。中規模の印刷会社に勤務していた父と、内装業者で事務をしていた母、2歳上の兄の4人家族。両親がともにシフト制の共働きだったため、幼い頃は土曜日も保育園や親せきの家に預けられていた。小学校に上がると、兄と一緒に留守番することも多く、家にいるときは図書館から借りた本を読んで過ごしたり、両親が買い与えていた英語の教材のビデオを何度も繰り返し見ていた。

中学に進学すると、テレビで見た映画に出ていた英国人の俳優に興味を持ち、英会話のラジオを聞くようになった。「いつか字幕や吹替無しで理解できるようになりたい」と塾の勉強だけではヒアリングは足りないと思い、独学で勉強に励むようになった。海外留学をしたいと考えていた明日香さんは、都内でも有数の英語教育に力を入れていた高校に進学した。高校は自由な校風で、帰国子女や留学生も多く、大好きな英語を学びながら国際交流もでき、のびのびと過ごせた。高2の時には、アメリカにある姉妹校に語学研修に行くこともできた。多種多様な経験をした同級生と出会えたことが、シングルマザーでありながらキャリアも諦めない生活に影響している。

外資系金融会社に入社するも、仕事ができずに上司から嫌味を……

1 2
不倫 運勢 アラサー 金運 恋愛 結婚 恋愛運 アプリ 浮気事件簿 その1 セカンド 貧困女子 占い 婚活 恋愛講座 美人探偵 iPhone アラフォー 浮気 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。