【勤続10年女子】デキ婚するも夫のDVでシングルマザーに。英語力を生かし未経験のIT業界へ~その2~

【勤続10年女子】デキ婚するも夫のDVでシングルマザーに。英語力を生かし未経験のIT業界へ~その2~

せっかく手に入れたキャリアだったが、体調不良を理由に退職した。夫が住んでいたマンションで同居を始めたが、夫は自分のテリトリーに自分の持ち物以外を置くのを嫌がる性格で、彼女が新居に持ち運んでいた本など勝手に捨てられることもあった。出産のときも、仕事を理由に夫が病院に現れることはなかった。結局、里帰り出産を機に、2人で住んでいた家には戻らず実家で育児を始めた。産後は情緒不安定になり、仕事を退職した後悔で泣いてしまうこともあった。夫とは何度か話し合いをしたが、明日香さんが親権を持つことで協議離婚が成立した。

彼女は、実家にいる両親にシングルマザーとして子育てをするためには、両親の協力が必要だとお願いした。ちょうど今から10年前は『iPhone 3G』が発売され、これからは通話主体ではなくスマホが主流になると考えた明日香さんは、web向けのサービスを提供している企業を中心に再就職の活動を始めた。新卒の時とは違い、面接では、“自分が入社することで何ができるのか”、“何年後にはどうなっているのか”を具体的にアピールした。

事情を知った高校の同級生が、知り合いが働いている外資系企業のインターネット関連会社でディレクター職を募集しているという情報を教えてくれた。ディレクター職は未経験だったが、業務に必要な英語力は満たしていた。古い体質の企業ではまだシングルマザーに偏見があるため、新興のIT企業の方が向いているのではないかと思ったのだ。そこに再就職が決まると、保育所が見つかるまでは子どもを親に預けて働きに出た。

デジタル分野は未経験だったが、前職で培ったマーケティング知識が役に立った。休みの日は、子どもを膝の上に乗せながら、パソコンで画像加工ソフトの練習をし、遅くまで残業ができない分の業務を自宅に持ち帰って行なった。娘がまだ小さいうちは、保育園に行くのが嫌でぐずったり物を投げて暴れたりすることもあった。ある時、休日出勤中に、何度も携帯が鳴ることがあって出てみると、娘からの電話だった。本当は帰ってきて欲しいと言いたいのを我慢した娘は、「ママ帰ってこなくていい」と言って電話を切った。その時は辛かったが、“シングルマザーが働ける職場は限られているからやめるわけにはいかない”と、自分の意志ではなく前職を辞めた悔しさをバネに仕事に励んだ。

もうすぐ再就職をして10年になる。最初はディレクター職としてスタートし、既存サービスの運営や通常業務をこなすだけで精いっぱいだった。今では市場や競合サイトを分析し、マーケット拡大や、新規事業を提案するまでとなった。外部企業とのコミュニケーション能力や、他部署との円滑なやりとりを評価され、マネージャー職になった。新卒で入社した外資系金融会社では、与えられたことをこなすのが大事だと考えていたが、ディレクター職になってからは受け身ではなく提案や意見ができるようになった。

娘も10歳となり、だいぶ楽になってきた。離婚して実家に戻った時には、最初は良い顔をしなかった母も、今では娘と銭湯に行ったり、習い事にもついて行ってくれたりと面倒を見てくれるようになった。再就職をした時に決めたことがあった。どんなことがあっても、言い訳はしないということだった。子供が熱を出した時も、自宅作業に切り替え、スカイプで打ち合わせをしながら仕事をした。家族には迷惑をかけたが、仕事を続けられたことは感謝している。

 

最近は、WiFiスポットも増えて、外出先でも仕事ができるようになって便利に感じている。

1 2
浮気事件簿 貧困女子 時短 運勢 アラサー 美人探偵 セカンド 結婚 婚活 恋愛 アプリ 恋愛講座 アラフォー 不倫 占い キャリア 恋愛運 浮気 金運 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。