堅実女子ニュース&まとめ アラサー社員の力の見せ所!スーパー幹事がやっていることはコレだった!<当日編>

春は送別会、歓迎会、お花見と飲む機会が多い季節です。特に会社勤めだと、部や課の飲み会もあることでしょう。そんな時、幹事を任せられがちなのがアラサー世代の社員たち。そう、Suits WOMANの読者世代はまさに幹事力が試される時期なのです。

今回は「スーパー幹事」と噂のキリン株式会社広報の佐藤啓太さんに幹事のポイントを教えていただきながら、飲み会の場所の選び方、メニューの選び方、トラブル時の対応、メールの出し方など、「ありがとう!幹事さん!」とみんなも満足し、自分の評価も上がる、そんな飲み会の幹事のテクニックをご紹介します。<準備編>はコチラ

『キリンビール株式会社に2013年入社の27歳。 九州エリアの営業を経て、広報に。お酒の強い九州人に可愛がられて幹事力を磨く。好きなビールはもちろん「キリン一番搾り」!!

飲み会のメンバーで考えることも変わる、まずはメンバーを再確認

どのような飲み会なのかによって、当然考慮すべきことも、振る舞い方も変わってきます。まず、飲み会の内容を整頓することが大事なのだそう。スーパー幹事・佐藤さんから以下の3つの分類を提案されました。

(1)同年代や、管理職前の先輩・同僚との飲み会

(2)会社内の上司も参加する比較的オフィシャルな社内飲み会(送別会など)

(3)社外の方との飲み会(接待に近い?)

 

当日ドタキャン発生!そんなとき、幹事はどう動くべき?

多少の人数の増減は当日お店に電話をすれば、何とか対応してもらえるかもしれません。あまりにもドタキャンが多いからといって、予約したお店の無断キャンセルだけは絶対にダメ。どんな状況であれ、人数変更をお店にはなるべく早く連絡しましょう。

「やむを得ず、飲み会が中止になってしまったとしても、丁寧に謝り、“また次回利用したい”と伝えましょう」(佐藤さん)

飲み会の現場で注意すべきことは?

一番注意すべきは、忘れ物。幹事の方は最後まで残り、テーブル下や部屋の隅に忘れ物がないか確認しましょう。人数が多い、または2次会の幹事になっている場合は、この役を誰かにお願いしましょう。先導役がいないと店前に溜まってしまい、他の方に迷惑をかけてしまいます。また食べ残し、飲み残しが発生しないようにしたり、ドリンク・フードが席によって偏りが出ないよう、注文数量をコントロールするのも幹事の役目です。

また(2)のオフィシャルな社内飲み会では、乾杯のご発声や、締めの挨拶などは前もって役職が高い方にお願いしておきましょう。クルマでの参加者がいる場合、飲酒運転が起こらないよう注意することも大事です。

「更に、スーパー幹事としては、会が始まる前に前もってドリンクオーダーを確認しておくことです。乾杯が生ビールの場合、人数が多いと出てくるまでに非常に時間がかかってしまいます。前もって確認することで、開始の数分前にその時点でのドリンクオーダーを先に流し、全員が揃ったところで、すぐに乾杯できるようにしましょう。また生に拘らず、1杯目を壜ビールにすることも、参加者を待たせない、という面では有効な手段です」(佐藤さん)

さあ、お酒も進んでまいりました!……となると酔っぱらいのお世話です!

1 2