堅実女子ニュース&まとめ 92.1%の人は30歳までに財布を落とした経験アリ!なぜ人は大切なものを失くすのか?やらかしの実態を調査!

財布や携帯電話など、人は大切なものをつい失くしたり落としたりするもの。「ソフトバンク コマース&サービス株式会社」による「落とし物に関する調査」によると、落としてしまったもので一番多いのは「財布」(48.2%)。続いて「傘」(42.8%)、「鍵」(28.4%)、「アクセサリー」(26.8%)と続くそうです。皆さん、けっこうやらかしています。

 

財布を30歳まで落とさなかった人は、たった7.9%!

落とし物ランキング1位の「財布」ですが、同調査では「30歳までに財布を落とした回数」について調査。その結果は以下の通りです。

 

  • 30歳までに財布を落とした回数

1回……54.8%

2回……22.6%

3回……6.8%

4回……2.3%

5回以上……5.6%

30歳になるまでには、落としていない……7.9%

 

一番多いのは「1回」(54.8%)。しかし「30歳になるまでには、落としていない」という人はわずか7.9%にとどまっており、残りの92.1%は全員財布を落とした経験があることが判明しました。回数が増えるごとに割合が減っていく傾向にありますが、「5回以上」は「4回」より多い5.6%。一定数何度でも落とす人がいるようです。

ちなみに同調査では「拾ったとしたら面倒なもの」についてのベスト3も調査していますが、こちらの1位も「財布」(51.2%)。2位は「スマホ」(20.8%)、3位は「パソコン」(8.0%)と続きますが、やはり個人情報を含むものは拾った側の負担も大きくなってしまうようです。財布はさらにそこに「現金」「クレジットカード」などが入っており、きちんと返さなくてはいけないプレッシャーとなります。

1 2