堅実女子ニュース&まとめ 【いい転職・悪い転職】フリーで収入ほぼゼロのプライド女子、貯金激減の葛藤と食品販売バイトの日々~その1~

今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省の労働力調査でも2017年も転職者数は300万人を突破したことはニュースになり、これからも転職人口は増加予測です。

そこで、本連載では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何かを語っていただきます。

田中美和さん(仮名・32歳・東京都出身)

  • 転職回数……1回
  • 転職した年齢……31歳
  • 年収の変化……550万円→150万円
  • 学歴……有名大学経済学部卒業

 イケてるのは自分だけだと思っていた……

私は四国地方出身です。地元の名門高校を出ると東京の有名私立大学の経済学部に進学しました。実家は歯科クリニックで両親ともに歯科医師。兄がクリニックを継ぎました。私は理系の勉強が全くダメだったので、歯科医至上主義の両親にしてみれば、最初から何の期待もしていない“かわいい末っ子”。幼い頃から欲しいものは何でも与えられ、特に勉強しろとも言わないのに成績優秀。ピアノ、作文、絵画……これらは努力しなくても学校代表になっていました。

大学進学を機に上京してびっくりしたのは、東京生まれの女の子がおしゃれなことです。私は正直、自分が一番イケていると思っていたのですが、それは大きな間違いでした。肌の透明感からして全然違うし、選ぶ服の色彩感覚が全然違うんですよね。ウチの両親も地元では“おしゃれな先生夫妻”ですが、東京に来たらただの田舎夫妻。サイズが合わない背広に、これ見よがしにブランドのネクタイを締めた父と、時代遅れのワンピースを着て自分でヘアセットした母は悪い意味で目立っていました。

外資系会社のインターンで世界を知る

父が持っていた品川のマンションに住み、毎月20万円の仕送りをもらっていたので、大学時代はバイトをせず、勉強をがんばりました。仕送りを使って英語スクールに通い、ビジネスの基本会話はできるようになってから、外資系企業の長期インターンに応募。書類選考の後に、英語での面接で、その日のうちに採用の電話をもらいました。入ってからはベトナムやインドネシアでエンジニアを採用する仕事のサポートをして、月10~15万円はもらったかな。それまで、東南アジアの国々に注意を払ったことはなかったのですが、現地の人は多言語が話せて視野が広い。私は18歳まで四国の狭い世界で育っていて、大学に入ってから知り合った友だちは、恋愛と目先の遊びのことしか考えていない。楽しそうに仕事をする東南アジアの同じ年のエンジニアたちと会い、「あ、日本はこれから負けていく」と思ったことを覚えています。

日本はもう遅れている。世界に羽ばたきたいと思うも、本心では大企業に入りたかった……

1 2