堅実女子ニュース&まとめ 【勤続10年女子】母子家庭から大学に進学。奨学金の繰り上げ返金を目指し、仕事に生きる日々~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、調味料などを製造販売する食品会社で、営業として働いている彩さん(仮名・33歳)。

彩さんは、肩までの黒髪を後ろにひとつにまとめ、自眉を生かしたナチュラルな太さの眉毛と、軽くマスカラを塗っただけの目元、透明感のあるリップグロスというような、素肌感が残るナチュラルメイクが印象的。白いシャツの上からピンクパープルのV字カーディガンを羽織り、グレーのパンツを合わせた着こなしは、親しみやすそうな雰囲気がある。

「コスメは、試供品やドラッグストアで売っているプチプラで済ませています。洋服も、同じようなテイストのものを色違いで揃えて、時短コーディネートを心がけているんです」

そう語る彩さん。器が好きで、たまに好きな作家の食器を買う以外には、大きな贅沢はしていない。主な収入の使い道は、家賃や光熱費など生活費のほか、大学時代に借りていた奨学金の返還にあてていたという。

彩さんが堅実な生活を心がけるのには、理由があった。彼女は東京生まれたが、4歳の時に両親は離婚をしたため、母の実家である千葉県船橋市で育った。父は公務員をしていてまじめな性格だったが、暴言や束縛など家庭内でのモラハラが酷く耐えられずに母は離婚したという。母子家庭となり、母は昼は楽器を扱うメーカーの営業、夜は知り合いの飲食店の手伝いをして生計を立てた。彼女が中学に入学するまでは、母がいない時間は祖父母の家で過ごした。祖母は料理が苦手だったため、小学校高学年になると、自ら台所に立って料理をするようになった。家に置いてあった料理本を見て、足りない食材は別の食材を使うなどアレンジして作ることが楽しかった。

母親が突然のリストラ。高卒を大卒と偽っている母の履歴書を発見……

1 2