【いい転職・悪い転職】下がった年収550万円!母の失踪と先輩のリストラでアラフォーから新しい地図を描く~その1~

【いい転職・悪い転職】下がった年収550万円!母の失踪と先輩のリストラでアラフォーから新しい地図を描く~その1~

今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省の労働力調査でも2016年の転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加予測。

そこで、本連載では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何かを語っていただきました。

田口和美さん(仮名・39歳・東京都出身)

  • 転職回数……1回
  • 転職した年齢……37歳
  • 年収の変化……900万円→350万円
  • 学歴……有名大学法学部卒業

小学校の授業参観、専業主婦の母が恥ずかしかった

私はメガバンクを辞め、今は学童保育を運営する小さな会社で働いています。子供の頃から、バリバリと働く女性がカッコイイと思っていました。子供の時に観たトレンディードラマで、男顔負けに働きキャリアを追求する女性が描かれていて、そんな人になりたいな……と。母が専業主婦で、愚痴をこぼしながらも父と一緒に生活しており、「こんなふうになりたくない」と思っていたことも大きいかもしれません。

覚えているのは授業参観です。来ているお母さんのファッションを見ても、専業主婦とキャリア母の服装は全然違うんですよね。顔つきからして違う。母は時代遅れのレモン色のツーピースに、自己流のまとめ髪をしていましたが、多くの働く母はスタイリッシュなスーツに、ブランドバッグを持って背筋をピッと伸ばして来ていた。「私は将来、母になっても働くんだ」と強く決心しました。

家庭を顧みない父の姿を見て、兄は非正規の道を歩む

母親は、戦後生まれで短大まで進学しています。母の時代の進学率を見ると、女子は10人に1人しか短期大学・大学に進めていない。リベラルな祖父は大学進学をさせたかったようなのですが、母は「女の子はあまり頭がいいと結婚できない」と短大にしたそうです。その後、商社に就職し、2年で大手新聞社に勤務する父と結婚。この父が“世界最高に偉いのは新聞記者だ”と心の底から思っている“ザ・昭和”な男で、家事も育児も母に丸投げ。幼い頃の父との思い出は一切ありません。

私には2歳年上の兄がいるのですが、そんな父親を見ているので、キャリア志向ではなく、楽な仕事を転々としています。例えば、IT関連会社のプログラマーとか、外資系証券会社のサポート要員とか、通信関連会社のシステム開発部門に行っていたこともありました。

それでも都内にマンションを買って、共働きの奥さんと小学生の子供3人(娘2人・息子1人)の育児をしながら幸せそうにしているんですよね。兄は誰もが知る一流大学の法学部を出ていて、ITにも明るい。だから最近まではそんな姿が歯がゆくてなりませんでした。

雑用や下積みがなく、いきなり億単位のお金を扱う仕事に充実感しかなかった

1 2
浮気事件簿 運勢 占い 不倫 恋愛運 恋愛講座 その1 婚活 浮気 恋愛 結婚 貧困女子 アラフォー セカンド アラサー 金運 アプリ 美人探偵 キャリア 仕事運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。