【いい転職・悪い転職】下がった年収550万円!母の失踪と先輩のリストラでアラフォーから新しい地図を描く~その2~

【いい転職・悪い転職】下がった年収550万円!母の失踪と先輩のリストラでアラフォーから新しい地図を描く~その2~

いい転職をした女性と、悪い転職をした女性が、その差は何かを語ります。今回はメガバンクから学童保育を運営する会社に転職した田口和美さん(仮名・39歳・東京都出身)年収550万円ダウンしても、転職した理由とは?

お金を貸すために、あらゆる勉強をし、知識を深めていった

私の仕事は、言葉は悪いことを承知で言うと“お金のための何でも屋”だったと思います。その会社の潜在ニーズを調べ、事業拡大を想像しお金を貸し付ける。お客さんが困っていることは、全て調べてお金を貸して、それが私の成績になり事業拡大につながる。お金を貸すことを想像するために、海外視察にも行かせてもらいましたし、様々なフォーラムにも参加しました。

だから私はいろんなことを知っていますよ。企業財務だけでなく、M&A、税金、後継者問題、持ち株会社のメリット・デメリット、相続税対策……海外での資産運用など、常に知識を深めていましたから。

リーマンショックや東日本大震災のときもゾクッと来ることはありましたが、乗り越えられました。でも、ここ数年で潮目が変わったと感じることが増えた。世の中が仕事至上主義ではなくなったんです。会社も残業をさせなくなったし、バリバリ仕事をしなくてもよくなった。働き方改革をされて、時間ができたときに、仕事以外にしたいことがない自分に愕然としたんです。なんというか「このまま仕事をしていても幸せになれないんじゃないか」という焦りの方が強くなったんです。それで転職を考えるようになりました。

女性の上司がリストラされたことで、「会社にポイ捨てされる」と危機感

転職を考えた頃に、私が尊敬していた女性上司が事実上のリストラをされたんです。彼女は50代でものすごい高給取りで、性格にクセもある人でしたが魅力的だった。ほかにも多くの管理職がリストラされ、「お役御免になったら会社にポイ捨てされる」と危機感を覚えました。

それでも、充実した毎日、仕事仲間、世間体、収入などを考えても転職には踏み切れなかった。でも、「時代は本当に変わったんだ」と痛感し、転職を決意したのは、母の失踪です。3年前、60歳の誕生日に母が離婚届を置いて失踪したのです。父は当時、63歳だったのですが、定年退職後も嘱託として仕事をしていて、相変わらず暴君だったようです。母は父が仕事に行っている間に、出て行ってしまい、帰ってきませんでした。

「母が捨てたのは、父と私だった」。”切られる側”に回る喪失感

1 2
結婚 アラフォー 時短 婚活 貧困女子 浮気事件簿 派遣女子 派遣 不倫 恋愛 美人探偵 恋愛講座 アプリ 金運 運勢 iPhone ダイエット 恋愛運 占い アラサー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!