【勤続10年女子】バー経営の両親を反面教師とし、外資系ホテルに就職。英語力を身に付け広報に~その2~

【勤続10年女子】バー経営の両親を反面教師とし、外資系ホテルに就職。英語力を身に付け広報に~その2~

大卒の新卒入社した社員の、入社3年以内の退社が30%とも言われている現代。正規雇用ではない派遣やパート、フリーランスという働き方が多様化する中で、アラサー、アラフォーともなれば勤続10年近くになる社員もいる。

そんな「勤続10年女子」の本音に迫っていく。

今回登場するのは、外資系チェーンのホテルで、営業部の広報として働いている明日香さん(仮名・32歳)。

明日香さんは、東京で生まれ育った。両親は都内で小さなカフェバーを経営、フリーランスでデザイナーをしていた父は昼間からビールを飲むような自由な生活をし、母も学校行事に寝坊するようなだらしない性格だった。中学生の時に、キャビンアテンダントをしていたという同級生の母を見て、その職業に憧れるように。なりたい職業に就くためには英語が必要だと思い、大学の英文科に進学したいと考える。高校では、部活にも入らずに大学受験に向けて英語の勉強に励み、その甲斐あって希望大学に合格した。留学体験などを経て、英語力を生かせる仕事に就きたいと考えるようになっていく。

就職課に通い、学部からはどこの業界に就職が有利なのかを分析した。そして、キャビンアテンダントだけではなく、観光業界やホテル業界など英語力が生かせそうな職種で就活をすることを決めた。

「業界内部を知りたいと思って、老舗ホテルの宴会場で配膳のバイトを始めたんです。最初は慣れない立ち作業で足が痛くなったり、人とぶつかったりと失敗も多かったな。まだグラスと瓶にビールが残った状態で下げてしまって、年配男性からクレームが入り、ホテルの従業員から“学生バイトでも、外から見たらホテルのスタッフの一員。誰からみても恥ずかしくない接客をするように”って、注意されたんです。この言葉が、胸に残りました。誰から見ても、プロフェッショナルなサービスができる人になりたい。そう思って、ホテルや観光業に絞って就活をすることにしました」

優雅なホテルマンのつもりが、現実はケアレスミスの連続で叱られる日々

1 2
金運 恋愛運 美人探偵 運勢 セカンド 占い キャリア その1 時短 恋愛 浮気事件簿 浮気 貧困女子 アラフォー 結婚 アプリ 恋愛講座 アラサー 婚活 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。