堅実女子ニュース&まとめ 新社会人が学生時代とくらべて使わなくなったアプリを調査!3位「写真アプリ」、2位「通話」、そして圧倒的1位は……?

新年度スタートから約1か月が経過。ゴールデンウイーク明けは「五月病」が多発すると言われていますが、確かに新社会人にとって今はかなりつらい時期かもしれません。

「通勤総合研究所」では、新社会人を含むビジネスパーソンを対象とした働き方に関するさまざまな調査を実施。こちらによると新社会人の99%が「通勤や仕事を効率化して取り組みたい」と思っているそうですが、実際にどんなことをしているのでしょうか?

多くのビジネスパーソンは通勤時間の効率化を目指している

まず同調査では、新社会人が日々の生活で「効率が悪い」と思っている場面に着目。その調査結果は以下の通りとなりました。

 

  • 新社会人が日々の生活で「効率が悪い」と思っている場面

1位 通勤時間……67.0%

2位 業務内容……43.0%

3位 人間関係……31.0%

4位 職場環境……30.0%

5位 給料・待遇……16.0%

 

ビジネスパーソンのストレス内容にありがちな「業務内容」や「人間関係」に大差をつけ、圧倒的1位となったのは「通勤時間」(67.0%)でした。学生時代の通学時間より長くなった人などは特に「この生産性がない時間がずっと続くのか……」とうんざりするのでしょうか?

首都圏の場合、通勤時間往復で3時間以上という人も珍しくありません。

そこで同調査では、今度は先輩社会人を対象に「通勤を効率化するための有効なツール」について質問。先輩たちがどのように通勤時間を過ごしているのかをご紹介します。

 

  • 先輩社会人による「通勤を効率化するための有効なツール」

1位 スマホ……60.0%

2位 PC・タブレット……49.5%

3位 本……15.5%

4位 有効なツールはない……14.0%

5位 音楽プレイヤー……13.0%

6位 新聞・雑誌……10.5%

 

今や電車の座席に座っている人のほとんどが、スマホをいじっている光景も珍しくありませんが、やはり1位も「スマホ」に。メールのやり取りや情報収集、ゲームなどのさまざまなコンテンツが1つに集約されているこのツールは、やはり効率化には最適のツールなのは間違いないようです。

1 2