【恋愛講座】これがNG!男性が既読スルーしたくなるLINEのウザアピール

【恋愛講座】これがNG!男性が既読スルーしたくなるLINEのウザアピール

実はドン引きの「病みアピール」

「会社では元気なのに、LINEでは重たい話を振ってくる女の子。返事にも気を使うし、楽しくないので正直やり取りをやめたくなります。心配してほしいんだろうけど、そういう話は友達にして……」(35歳/総務)

やりがちなのが、「実はこんな悩みを抱えているんです」という病みアピール。

女性としては、自分を知ってほしい、関心を向けてほしいという気持ちがあるのかもしれませんが、気が重くなるようなヘビーな話はLINEでは避けたいのが男性の本音です。

「気を使ってまでLINEしたくない」と考える男性は多く、それは文字でのやり取りがメインのLINEでは自分の気持ちを伝えるのが難しいから。暗い話題ならなおさら言葉を選ばないといけないし、そんな気苦労はできればしたくないと思うのですね。

また、精神的に不安定な女性は「付き合ったら依存されそう」など、ネガティブなイメージを持たれます。いつもこんなメッセージを送られたらたまらない、と思えば既読スルーしたくなるもの。

病みアピールで自分を知ってもらうより、自然体で向き合うのが何より男性がリラックスしてやり取りを続けられる秘訣です。

どうでもいい「“ひとりでも大丈夫”アピール」

「同い年の女友達なんだけど、事あるごとに『ひとりでも平気』『これからも独身だし』と“健気な自分”を出してくるのがウザいと思う。正直、アナタが独身を貫こうがどうしようがまったく興味がありません……」(33歳/配送)

「おひとりさま」という言葉が流行って久しいですが、自立心をLINEでアピールされるのも、男性にとって既読スルーしたくなるものの一つです。

「防御線でも張っているのかと思う」のが男性の本音で、アピールすればするほどご縁が遠ざかるのが現実。「ひとりでも大丈夫」=「彼氏はいりません」と宣言しているようなものです。

たとえ本当におひとりさまな現実を受け入れているとしても、それをわざわざLINEで伝えられても返す言葉は「ふーん、それで?」くらい。あえてツッコミを入れるのは面倒くさいと思われます。

「健気な自分」を知ってもらうなら、LINEでアピールするより仕事やプライベートにがんばっている姿を見せるのが近道です。努力している姿勢を見てこそ、男性の心は動きます。

そのアピール、間違っていませんか?

相手に好かれたいと思えば、ついやってしまうのがLINEでの自己アピールですね。

もちろん、親しくなるにはある程度自分について伝えていくことは大切ですが、度が過ぎれば男性の関心が離れてしまいます。

ウザアピールを回避するためには、送る前にまずメッセージの内容をしっかり見直すこと。自分が返事に困るようなメッセージなら、送られた側も困る、と思いましょう。

手軽だからこそ気をつけたいLINEの使い方、気になる男性と仲良くなれるかどうかは、ひとつひとつのメッセージに気を抜かないことが重要です。

1 2
恋愛講座 アラフォー セカンド 結婚 美人探偵 恋愛 運勢 アプリ 貧困女子 浮気事件簿 占い 婚活 キャリア 仕事運 恋愛運 金運 浮気 アラサー その1 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。