堅実女子ニュース&まとめ 防犯対策ちゃんとしている? マンション居住者と戸建て居住者、不安を感じているのはどっち!?

自宅の防犯対策はしていますか?

泥棒被害経験のある戸建て居住者は、約7割が防犯対策をしていると回答。

泥棒被害経験のある戸建て居住者は、約7割が防犯対策をしていると回答。

【戸建て(泥棒被害あり)】
している(69.0%)/していない(31.0%)
【戸建て(泥棒被害なし)】
している(45.8%)/していない(54.2%)
【マンション】
している(55.1%)/していない(44.9%)

自宅の防犯対策については、戸建てで泥棒被害に遭ったことのある人は約7割が対策をしていると回答。被害に遭ったことのない人とは、約15%ほど差が開く結果となりました。マンションは半々の回答数となりました。

では、実際にはどのような防犯対策をしているのでしょうか。

<戸建て居住者>どのような防犯対策をしていますか?

泥棒被害ありの人となしの人では、防犯対策に多少の違いが。

泥棒被害ありの人となしの人では、防犯対策に多少の違いが。

【泥棒被害あり】
1位:戸締りの強化(62.5%)
2位:ご近所さんと仲良くする(60.0%)
3位:在宅時でも玄関を施錠する(52.5%)
3位:センサーライトを設置した(52.5%)

【泥棒被害なし】
1位:戸締りの強化(65.4%)
2位:ポストに新聞や郵便物を溜めない(63.0%)
3位:在宅時でも玄関を施錠する(56.5%)

戸建てで最も多かった回答は「戸締りの強化」(泥棒被害あり:62.5%、泥棒被害なし:65.4%)で、以下「ご近所さんと仲良くする」(被害あり:60.0%、被害なし:54.5%)、「在宅時でも玄関を施錠する」(被害あり:52.5%、被害なし:56.5%)と続きました。泥棒被害あり・なしの人では、防犯対策に多少の違いがあるようです。

<マンション居住者>どのような防犯対策をしていますか?

マンション居住者は、物件選びの段階で防犯面をチェックした人が多く、購入後により防犯強化したという人も。

マンション居住者は、物件選びの段階で防犯面をチェックした人が多く、購入後により防犯強化したという人も。

1位:在宅時でも玄関を施錠する(62.8%)
2位:モニター付きインターフォン設置の物件を選んだ(57.0%)
3位:防犯カメラ設置の物件を選んだ(46.5%)

マンションで最も多かった回答は「在宅時でも玄関を施錠する」(62.8%)。続いて、「モニター付きインターフォン設置の物件を選んだ」(57.0%)、「防犯カメラ設置の物件を選んだ」(46.5%)など、物件を選ぶところから防犯対策が始まっていることがわかりました。

 

マンションの場合は物件選びの条件のひとつとして“防犯面”をチェックすることが多いですが、戸建ての場合は意外と手薄になってしまうのでしょうか。侵入経路として思い浮かぶ場所もマンションより多かったりするので、心配になりますね。これから夏休みもあることですし、家を留守にする際は、多くの人が心がけているように戸締りの強化や施錠、防犯対策をしっかりとして安心して外出できるようにしましょう。

 

【参考】※ 株式会社シースタイル

1 2